an online Instagram web viewer

#杉浦忠 medias

Photos

ソフトバンクホークスのリーグ優勝に思う。昔は南海ホークスだった。子どもの頃、パ・リーグなんて全然人気なく、テレビ中継は無いし野村なんてオールスター戦でしか見たことなかった。その南海ホークスの本拠地は大阪難波の大阪球場、その跡地は今ではなんばCITYという商業施設になっていて面影はない。唯一、コンコースの中央に埋め込まれたプレートを残すのみ。今では、ここに野球場があったなんて、誰も気が付かないんだろう。ここのビルの最上階の僅かなスペースに南海ホークスの資料展示室があり、杉浦監督のユニホームなどがあるが、寂しいものである。4年ぐらい前に行ったときは野村克也氏の資料記念品の展示は一切無かったが、今はどうなっているのだろう?
#南海ホークス #南海ホークスメモリアルギャラリー #ホークス #杉浦忠 #野村克也 #大阪球場 #大阪球場跡地 #なんば #なんばcity #nankaihawks #ソフトバンクホークス #ホークス #ふくおか #福岡
ソフトバンクホークスのリーグ優勝に思う。昔は南海ホークスだった。子どもの頃、パ・リーグなんて全然人気なく、テレビ中継は無いし野村なんてオールスター戦でしか見たことなかった。その南海ホークスの本拠地は大阪難波の大阪球場、その跡地は今ではなんばCITYという商業施設になっていて面影はない。唯一、コンコースの中央に埋め込まれたプレートを残すのみ。今では、ここに野球場があったなんて、誰も気が付かないんだろう。ここのビルの最上階の僅かなスペースに南海ホークスの資料展示室があり、杉浦監督のユニホームなどがあるが、寂しいものである。4年ぐらい前に行ったときは野村克也氏の資料記念品の展示は一切無かったが、今はどうなっているのだろう? #南海ホークス  #南海ホークスメモリアルギャラリー  #ホークス  #杉浦忠  #野村克也  #大阪球場  #大阪球場跡地  #なんば  #なんばcity  #nankaihawks  #ソフトバンクホークス  #ホークス  #ふくおか  #福岡 
今宵はプールでしっかり歩いてから
ジョギング。プールでしっかりと負荷をかけつつ筋肉もほぐす。
#杉浦忠#南海ホークス
最初は長島茂雄が鶴岡監督から誘われていて、長島から一緒にやろうと誘われた。
土壇場で裏切り読売に行った長島に読売にも誘われたが断った漢!
長島と読売はこういう事平気でして、他がすると文句をつけるダブル・スタンダード。
だから、好きになれません。
だから、セントラル・リーグは
好きになれない。
今宵はプールでしっかり歩いてから ジョギング。プールでしっかりと負荷をかけつつ筋肉もほぐす。 #杉浦忠 #南海ホークス  最初は長島茂雄が鶴岡監督から誘われていて、長島から一緒にやろうと誘われた。 土壇場で裏切り読売に行った長島に読売にも誘われたが断った漢! 長島と読売はこういう事平気でして、他がすると文句をつけるダブル・スタンダード。 だから、好きになれません。 だから、セントラル・リーグは 好きになれない。
なんと!部屋を片付けてたら、こんなお宝がでてきた😆😆
ホークスファン歴27年、思えば最初は親の影響で巨人ファンだった😅
私がホークスファンになったときは、自分が生きてる間に優勝はおろかAクラス入りできるんだろうかと思うぐらい弱かったけど・・・歴史は変わるものですね😌

#プロ野球#ホークス#ダイエー#福岡ダイエー#ソフトバンク#スタジャン#平和台球場#福岡ドーム#ヤフードーム#杉浦忠#田淵幸一#根本陸夫#王貞治#福岡#九州
なんと!部屋を片付けてたら、こんなお宝がでてきた😆😆 ホークスファン歴27年、思えば最初は親の影響で巨人ファンだった😅 私がホークスファンになったときは、自分が生きてる間に優勝はおろかAクラス入りできるんだろうかと思うぐらい弱かったけど・・・歴史は変わるものですね😌 #プロ野球 #ホークス #ダイエー #福岡ダイエー #ソフトバンク #スタジャン #平和台球場 #福岡ドーム #ヤフードーム #杉浦忠 #田淵幸一 #根本陸夫 #王貞治 #福岡 #九州 
杉浦さん曰く
ホークスは不滅
https://youtu.be/jrhJ7rK2heE

ホンマもんの大阪の球団は近鉄と南海だけや
今日もNEW ERAかぶってます
ハイリキ飲んだらホームシック

#野球#baseball#南海#南海ホークス#南海電鉄#パリーグ#ハイリキ#チューハイ#ジャン酎#大阪#難波#ミナミ#高田馬場#ニュージャック#杉浦忠 さん#背番号21#和田毅#六大学野球 #俺は阪神ファン#オヤジは南海#弟は近鉄#あぶさん
杉浦さん曰く ホークスは不滅 https://youtu.be/jrhJ7rK2heE ホンマもんの大阪の球団は近鉄と南海だけや 今日もNEW ERAかぶってます ハイリキ飲んだらホームシック #野球 #baseball #南海 #南海ホークス #南海電鉄 #パリーグ #ハイリキ #チューハイ #ジャン酎 #大阪 #難波 #ミナミ #高田馬場 #ニュージャック #杉浦忠  さん#背番号21 #和田毅 #六大学野球  #俺は阪神ファン #オヤジは南海 #弟は近鉄 #あぶさん 
僅かなスペースにひっそりと展示😌
諸事情があるとは言え、野村監督の名前がないのもちょっと寂しい💦
#南海ホークスメモリアルギャラリー
#鶴岡一人 監督のグラウンドコート
#杉浦忠 監督のユニフォーム
#藤原満 福岡では一番有名❓な南海OB😊
#南海ホークス
#大阪球場
#なんばパークス
第10回おんさに出展します。
天神橋筋商店街近くのhitotoにて、
7/22-8/5まで
詳しくはブログにて。
よろしくお願いします。
#南海ホークス #杉浦忠 
#西鉄ライオンズ #野球#野球観戦 
#baseball#baseballpark #illustration
第10回 協同企画展 おんさ
に出展します。
風景画を予定してましたが、
すいません。
南海の杉浦忠です。
天神橋筋商店街近くのギャラリー
hitotoにて7/22-8/5
詳しくはブログにて
よろしくお願いします。
#杉浦忠 #南海ホークス #野球 #baseball #illustration #drawing
#onsa #緑 #green
南海難波、難波パークスは元大阪球場跡地。
野球中年にはたまらない聖地ですね。
SBホークスは興味ないけど、南海ホークスは好きです!
杉浦忠のマネで締めるも、誰も知らないのね…

#南海難波#難波パークス#大阪球場跡地#南海ホークス#ソフトバンクホークス #杉浦忠
#パーレド #缶コーヒー

昔懐かしいパレードの#ミルクコーヒー です。
おやじらの世代は#カフェオレ や#カフェオーレ でなくミルクコーヒーです。
同じような瓶に入った#スペシャル てな飲み物もありました。

#コーヒー #コーヒー飲料 #昭和 #シュガーベイブ #御堂筋パレード #杉浦忠 #だんじりパーレド #日産レパード お米やさんは#プラッシー 大阪の#スターバックス は#アジアコーヒー #ネーポン #阪神パーク は#レオポン
#パーレド  #缶コーヒー  昔懐かしいパレードの#ミルクコーヒー  です。 おやじらの世代は#カフェオレ  や#カフェオーレ  でなくミルクコーヒーです。 同じような瓶に入った#スペシャル  てな飲み物もありました。 #コーヒー  #コーヒー飲料  #昭和  #シュガーベイブ  #御堂筋パレード  #杉浦忠  #だんじりパーレド  #日産レパード  お米やさんは#プラッシー  大阪の#スターバックス  は#アジアコーヒー  #ネーポン  #阪神パーク  は#レオポン 
#杉浦忠
#愛知県西加茂郡挙母町(現:豊田市)
1935年9月17日
2001年11月11日(満66歳没)
176 cm 71 kg
右投右打投手
プロ入り1958年
初出場1958年4月5日
最終出場1970年10月10日

愛知県立#挙母高等学校
#立教大学
#南海ホークス (1958 - 1970)

手首を立てた#アンダースロー 
杉浦のピッチングの特徴の一つに
「手首を立てたアンダースロー」
といわれる独特の手首の使い方があった。オーバースローをそのまま上体を横に倒しただけで、腕は肩より下がる事は無い。腰から上体にかけて、ゆっくりとゼンマイを巻くような感じでひねっていく。スピード感の無いモーションから、信じられないスピードのボールが一筋の光線のように、弾き出される。打席に立つバッターはもちろん、ベンチにいる者にまでさえ
「ビシッ!」
という手首を返す音が聞こえてくる。
この手首の音が大きく聞こえれば聞こえるほど、彼は「負ける気がしない」と言った。 
杉浦にとって、稲尾は最大のライバルであった。しかし杉浦は、稲尾が持っていて自分には無いいい所は、お手本として素直に受け入れた。その一方でセ・リーグの金田、村山という華やかな存在に対しては、徹底して逆をやってやるといった、反抗精神に燃えていた。彼等が派手なアクションをすれば、静かに顔をうつむいてマウンドを降りた。彼等が大きな声でしゃべれば、ちいさな声で静かに語った。彼等が喜怒哀楽をオーバーに表現すればするほど、無表情で、より紳士ぶって見せた。 
連投による右腕の血行障害の影響 や、シンカーを覚えたことで持ち味を殺してしまい、徐々に成績は下降していった(スライダーを勧めようとしていた野村は、後年に自著の中で「もしシンカーを覚えていなかったら、もっと勝てていた」と説得に折れた事への後悔の念を綴っている)。長いイニングが投げられなくなった選手生活の後半は、主に抑えの切り札として活躍した。
#元プロ野球選手
#杉浦忠  #愛知県西加茂郡挙母町 (現:豊田市) 1935年9月17日 2001年11月11日(満66歳没) 176 cm 71 kg 右投右打投手 プロ入り1958年 初出場1958年4月5日 最終出場1970年10月10日 愛知県立#挙母高等学校  #立教大学  #南海ホークス  (1958 - 1970) 手首を立てた#アンダースロー  杉浦のピッチングの特徴の一つに 「手首を立てたアンダースロー」 といわれる独特の手首の使い方があった。オーバースローをそのまま上体を横に倒しただけで、腕は肩より下がる事は無い。腰から上体にかけて、ゆっくりとゼンマイを巻くような感じでひねっていく。スピード感の無いモーションから、信じられないスピードのボールが一筋の光線のように、弾き出される。打席に立つバッターはもちろん、ベンチにいる者にまでさえ 「ビシッ!」 という手首を返す音が聞こえてくる。 この手首の音が大きく聞こえれば聞こえるほど、彼は「負ける気がしない」と言った。 杉浦にとって、稲尾は最大のライバルであった。しかし杉浦は、稲尾が持っていて自分には無いいい所は、お手本として素直に受け入れた。その一方でセ・リーグの金田、村山という華やかな存在に対しては、徹底して逆をやってやるといった、反抗精神に燃えていた。彼等が派手なアクションをすれば、静かに顔をうつむいてマウンドを降りた。彼等が大きな声でしゃべれば、ちいさな声で静かに語った。彼等が喜怒哀楽をオーバーに表現すればするほど、無表情で、より紳士ぶって見せた。 連投による右腕の血行障害の影響 や、シンカーを覚えたことで持ち味を殺してしまい、徐々に成績は下降していった(スライダーを勧めようとしていた野村は、後年に自著の中で「もしシンカーを覚えていなかったら、もっと勝てていた」と説得に折れた事への後悔の念を綴っている)。長いイニングが投げられなくなった選手生活の後半は、主に抑えの切り札として活躍した。 #元プロ野球選手 
やっと来た南海ホークスメモリアルギャラリー#南海ホークス#なんばパークス #杉浦忠
最近南海ホークスが素晴らしく思えて仕方がない。今さらながらレプリカユニフォーム欲しい。その時は背番号21つけよう。#南海ホークス#野球#名古屋にはパリーグが無い#杉浦忠