an online Instagram web viewer

#miyukinakajima medias

Photos

中島みゆき「一会」
桜坂劇場で何度かやっていて観たいなとはずっと思ってたけど、やっと観れました。いや、聴けました!

カッコいい。
こんな年の取り方をしたい。こんなカッコいい60代いない。

曲はほとんど知らなかったけど、感動した。鳥肌が立った。
たくさん歌ってても、声の伸びが最後の曲まですごく綺麗。映画だけど拍手してしまったよ。

生で聴いてみたい。

中島みゆきだけでなく、コーラスの人もすごい。
コーラスの人の歌声も入ったライブ音源を早速購入。ダウンロードしたったー🙌

歌い方の癖がすごくて歌詞が所々わからなかった。
が、おもしろい😂
カッコいいぜー

しかし中島みゆきは、もろ父親の影響うけすぎだろってゆー

地上の星との出会いはすごかった。
ヘッドライトテールライトなんて、車のライトを歌詞にするなんて‼️って衝撃だった。

中島みゆき最高です。

#中島みゆき #一会 #映画 #劇場 #ライブ #旅人のうた #浅い眠り #麦の唄 #movie #cinema #Japan #music #live #good #nice #love #miyukinakajima #nakajimamiyuki #singer #artist #cool #beautiful #wonderful #awesome #superb #great #view #sing #song
中島みゆき「一会」 桜坂劇場で何度かやっていて観たいなとはずっと思ってたけど、やっと観れました。いや、聴けました! カッコいい。 こんな年の取り方をしたい。こんなカッコいい60代いない。 曲はほとんど知らなかったけど、感動した。鳥肌が立った。 たくさん歌ってても、声の伸びが最後の曲まですごく綺麗。映画だけど拍手してしまったよ。 生で聴いてみたい。 中島みゆきだけでなく、コーラスの人もすごい。 コーラスの人の歌声も入ったライブ音源を早速購入。ダウンロードしたったー🙌 歌い方の癖がすごくて歌詞が所々わからなかった。 が、おもしろい😂 カッコいいぜー しかし中島みゆきは、もろ父親の影響うけすぎだろってゆー 地上の星との出会いはすごかった。 ヘッドライトテールライトなんて、車のライトを歌詞にするなんて‼️って衝撃だった。 中島みゆき最高です。 #中島みゆき  #一会  #映画  #劇場  #ライブ  #旅人のうた  #浅い眠り  #麦の唄  #movie  #cinema  #Japan  #music  #live  #good  #nice  #love  #miyukinakajima  #nakajimamiyuki  #singer  #artist  #cool  #beautiful  #wonderful  #awesome  #superb  #great  #view  #sing  #song 
昨夜無性に安全地帯の夏の終わりのハーモニー(時期外れですが)が聴きたくなってYoutube で検索してたら横にそれてこの平原綾香が歌う中島みゆきの糸にたどり着きました。あったかい歌だなぁと思ったので寝る前に投稿します。おやすみなさい。
#平原綾香#糸 #中島みゆき#歌謡曲#癒される
#歌 #音 #楽しむ #寝る前に
#アラフォーママ#育児 
#邦楽#ayakahirahara
#japanesesinger 
#ito #miyukinakajima 
#music
昨夜無性に安全地帯の夏の終わりのハーモニー(時期外れですが)が聴きたくなってYoutube で検索してたら横にそれてこの平原綾香が歌う中島みゆきの糸にたどり着きました。あったかい歌だなぁと思ったので寝る前に投稿します。おやすみなさい。 #平原綾香 #糸  #中島みゆき #歌謡曲 #癒される  #歌  #音  #楽しむ  #寝る前に  #アラフォーママ #育児  #邦楽 #ayakahirahara  #japanesesinger  #ito  #miyukinakajima  #music 
#中島みゆき #組曲 #suite #スイート #41作目のアルバム #2015 #40周年 #最高傑作 #暫定 #miyukinakajima

聴きはじめは「ここ最近で特にいいなあ」数分後「ここ15年くらいで最高傑作だな」結局「いや、これが最高傑作なんだな」と部屋でひとりうなずいた。デビュー40周年にサラリと出た『組曲(スイート)』(2015)。先行シングルもなければ「夜会」劇中曲もない完全書き下ろしのオリジナルアルバムだ。

前作までとのミックスの違いはすぐに気づける。レンジがとても広く感じ、中央のボーカルを包み込むようだが、いずれの音も上品な膜が張ってある感触で、演奏全体が熱を帯びてきても主張しすぎることはない。マスタリングに新起用された名匠スティーヴン・マーカッセンの手腕によるものなのか、前年から回帰した国内録音が功を奏したのか。とかく中島みゆきの“静”も“動”も一貫した空気感で支えられる、これほど万能なバンドサウンドは今までなかったと思う。

作家面でも嬉しい変化があった。「地上の星」が発表された00年頃から、彼女はシンメトリックな配列美を有す作詞術に傾倒し、だいぶ言葉数を絞る(ポエムのようにくりかえしのフレーズを増やす)ようになっていた。本作ではそのこだわりが明らかに薄れ、同時にストーリーテラーとしての本性が復活している。興味が一周し、整理されていない言葉で自由に歌を紡ぐやり方が再び新鮮に思えたのかも知れない。

たとえば5曲目「霙(みぞれ)の音」は『愛していると云ってくれ』(1978)あたりに収録されていてもおかしくない作風。窓外のみぞれが響くほどの沈黙の中、女が他の男を好きになったと打ち明けるという曲なのだが、終盤の何気ない一節で物語は根底から覆る。

私は手札をテーブルの上に
愚かに顕(あらわ)に放りだし
あなたは静かに窓の外を見てる
静かに誰かを隠してる

つまり、ほんとに悪くて愚かなのは男のほうだったのである…中島みゆきのこういう恐ろしさを、日本人はだいぶ忘れているだろう。地球規模の愛について歌う女神のように捉えられるようになって久しいが、そもそもは部屋のカーテンの匂いまで感じるほど密室的描写に長けた人でもある。その両極のスケールの曲が、本作では見事な録音で共存しているのだ。タイトルが『組曲』となったのは分かるし、17年ぶりにアナログ盤が発売されたのも分かる。そっちも買ったよ。

サビへ向かう絶望的転調がいかにもな「氷中花」、いわゆる“ご乱心の時代”を彷彿とさせる「ライカM4」、『寒水魚』(1982)に収録されてもおかしくない虚脱感の「休石」、汎アジアンテイストの「もういちど雨が」、伝統の故郷賛歌「空がある限り」、アルバムが重厚に終わる予想を鮮やかに裏切るジャズテイストの「LADY JANE」等々。いろんな時代いろんな姿の彼女が10人集まった至宝。コレをまだ超えてくるつもりなのか。
#中島みゆき  #組曲  #suite  #スイート  #41作目のアルバム  #2015  #40周年  #最高傑作  #暫定  #miyukinakajima  聴きはじめは「ここ最近で特にいいなあ」数分後「ここ15年くらいで最高傑作だな」結局「いや、これが最高傑作なんだな」と部屋でひとりうなずいた。デビュー40周年にサラリと出た『組曲(スイート)』(2015)。先行シングルもなければ「夜会」劇中曲もない完全書き下ろしのオリジナルアルバムだ。 前作までとのミックスの違いはすぐに気づける。レンジがとても広く感じ、中央のボーカルを包み込むようだが、いずれの音も上品な膜が張ってある感触で、演奏全体が熱を帯びてきても主張しすぎることはない。マスタリングに新起用された名匠スティーヴン・マーカッセンの手腕によるものなのか、前年から回帰した国内録音が功を奏したのか。とかく中島みゆきの“静”も“動”も一貫した空気感で支えられる、これほど万能なバンドサウンドは今までなかったと思う。 作家面でも嬉しい変化があった。「地上の星」が発表された00年頃から、彼女はシンメトリックな配列美を有す作詞術に傾倒し、だいぶ言葉数を絞る(ポエムのようにくりかえしのフレーズを増やす)ようになっていた。本作ではそのこだわりが明らかに薄れ、同時にストーリーテラーとしての本性が復活している。興味が一周し、整理されていない言葉で自由に歌を紡ぐやり方が再び新鮮に思えたのかも知れない。 たとえば5曲目「霙(みぞれ)の音」は『愛していると云ってくれ』(1978)あたりに収録されていてもおかしくない作風。窓外のみぞれが響くほどの沈黙の中、女が他の男を好きになったと打ち明けるという曲なのだが、終盤の何気ない一節で物語は根底から覆る。 私は手札をテーブルの上に 愚かに顕(あらわ)に放りだし あなたは静かに窓の外を見てる 静かに誰かを隠してる つまり、ほんとに悪くて愚かなのは男のほうだったのである…中島みゆきのこういう恐ろしさを、日本人はだいぶ忘れているだろう。地球規模の愛について歌う女神のように捉えられるようになって久しいが、そもそもは部屋のカーテンの匂いまで感じるほど密室的描写に長けた人でもある。その両極のスケールの曲が、本作では見事な録音で共存しているのだ。タイトルが『組曲』となったのは分かるし、17年ぶりにアナログ盤が発売されたのも分かる。そっちも買ったよ。 サビへ向かう絶望的転調がいかにもな「氷中花」、いわゆる“ご乱心の時代”を彷彿とさせる「ライカM4」、『寒水魚』(1982)に収録されてもおかしくない虚脱感の「休石」、汎アジアンテイストの「もういちど雨が」、伝統の故郷賛歌「空がある限り」、アルバムが重厚に終わる予想を鮮やかに裏切るジャズテイストの「LADY JANE」等々。いろんな時代いろんな姿の彼女が10人集まった至宝。コレをまだ超えてくるつもりなのか。
#中島みゆき #心守歌 #こころもりうた #28作目のアルバム #2001 #miyukinakajima #夜行 #三田祭

ニューウェイヴ全盛の1984年から88年までに出た中島みゆきのアルバムは、テクノロジーを駆使した野心的なサウンドであることから内外で“ご乱心の時代”と称されるようになった。それでいうと本作『心守歌(こころもりうた)』(2001)は、ちょっとご乱心気味。80'sリバイバルということではなく、アレンジやミックスが素直でないものが目立つのだ。オリジナルトラックに対して、リミックスだけを公にしたような感じがする。

冒頭の「囁く雨」は、どしゃ降りのSEからボーカルがカットインして始まる。サビとAメロとでドラミングだけ明度が切り替わる(Aメロだけ濁る)という、いきなりのクセモノ。一方、曲調は90年代以降の王道といえる「あのバスに」「夜行」「樹高千丈 落葉帰根」は、それぞれ個性のある打ち込み音が生のリズムと併用されている。アルバムの肝になるキャッチーな3曲がそういうアレンジのため、他に素直な演奏もあるけれど、全体としてメタリックな印象が強い。

グラミー賞受賞歴もあるエンジニア=デヴィッド・ソナーが参加するなど、日米スタッフ陣は相変わらず豪華でサウンドそのものはよく出来ている。本質的に適しているアプローチとは思えないが、コレはコレである意味“異種格闘技戦”なのだとして楽しむのが良いだろう。

翌年の秋、ぼくは慶應義塾大学の三田祭で行われたみゆき嬢のライブを観に行った。文化祭の一環行事に彼女が出演したのは当時20数年ぶりで以降は現在までないから、かなりレアなライブだ。このときセットリストのメインが『心守歌』で、演奏の有機性がグンと際立ち、真の意味で各曲が完成していくようすを見届けた気分だった(なんだかんだで、思い出深い一作なのである)。ちなみに、当日は歌もしゃべりも絶好調。“騙されて来たら、ふつうの体育館じゃん”とか毒を吐きつつ、いつもより若い聴衆の心も掴んでいた。「夜行」は痺れたな〜。
#中島みゆき  #心守歌  #こころもりうた  #28作目のアルバム  #2001  #miyukinakajima  #夜行  #三田祭  ニューウェイヴ全盛の1984年から88年までに出た中島みゆきのアルバムは、テクノロジーを駆使した野心的なサウンドであることから内外で“ご乱心の時代”と称されるようになった。それでいうと本作『心守歌(こころもりうた)』(2001)は、ちょっとご乱心気味。80'sリバイバルということではなく、アレンジやミックスが素直でないものが目立つのだ。オリジナルトラックに対して、リミックスだけを公にしたような感じがする。 冒頭の「囁く雨」は、どしゃ降りのSEからボーカルがカットインして始まる。サビとAメロとでドラミングだけ明度が切り替わる(Aメロだけ濁る)という、いきなりのクセモノ。一方、曲調は90年代以降の王道といえる「あのバスに」「夜行」「樹高千丈 落葉帰根」は、それぞれ個性のある打ち込み音が生のリズムと併用されている。アルバムの肝になるキャッチーな3曲がそういうアレンジのため、他に素直な演奏もあるけれど、全体としてメタリックな印象が強い。 グラミー賞受賞歴もあるエンジニア=デヴィッド・ソナーが参加するなど、日米スタッフ陣は相変わらず豪華でサウンドそのものはよく出来ている。本質的に適しているアプローチとは思えないが、コレはコレである意味“異種格闘技戦”なのだとして楽しむのが良いだろう。 翌年の秋、ぼくは慶應義塾大学の三田祭で行われたみゆき嬢のライブを観に行った。文化祭の一環行事に彼女が出演したのは当時20数年ぶりで以降は現在までないから、かなりレアなライブだ。このときセットリストのメインが『心守歌』で、演奏の有機性がグンと際立ち、真の意味で各曲が完成していくようすを見届けた気分だった(なんだかんだで、思い出深い一作なのである)。ちなみに、当日は歌もしゃべりも絶好調。“騙されて来たら、ふつうの体育館じゃん”とか毒を吐きつつ、いつもより若い聴衆の心も掴んでいた。「夜行」は痺れたな〜。
#中島みゆき #eastasia #20作目のアルバム #二隻の舟 #糸 #誕生 #miyukinakajima #1992 #レコード大賞優秀アルバム賞

キャスターの故・筑紫哲也がかつて中島みゆきと対談した際“番組でもっとアジアを取りあげなきゃと思いたったとき、すでに中島みゆきのアジアのアルバムが出ていた”と打ち明け、彼女の先見性を称賛していたのを覚えている。それが本作『EAST ASIA』(1992)だ。

ほぼ1年に1枚というハイペースで発表されていた90年代のアルバムの中、9曲という控えめな収録曲数ながらも圧倒的な“大作感”がある。それもそのはず、天安門事件から着想された雄大なタイトル曲、後にベスト盤にも収録される映画主題歌「誕生」、「夜会」の主題歌「二隻(にそう)の舟」、そして長い歳月を経て国民的愛唱歌になった「糸」という屈指のバラード4曲が同時に初出となった異常事態のアルバムだからである。

おそらく発表当初はミリオンヒットシングル「浅い眠り」収録というフレコミで流通したのだろう。今となっては同曲はそれほど印象強いほうのトラックではない。メインはやはり、以後彼女にとって伝家の宝刀となる汎アジア的旋律を有した楽曲群。所々キーボード/プログラミングの音色に古くささが無くもないが、爆発的な歌唱力が“そんな細けぇこと知るかよ!”とばかりに襲いかかり、小生のような理屈っぽいリスナーの思考もぶっ壊される。

とりわけ「二隻の舟」は何度聴いても鳥肌モノだ。本作から3年後に出たアルバム『10 WINGS』(1995)に、同曲はより洗練されたアレンジ(大部分がピアノ伴奏のみ)で新録されているが。ぼくはどちらかというと、ボーカルが荒々しい『EAST ASIA』バージョンのほうが好みだ。終盤の大サビまで来るともはや制御不能という感じで、唸りながら微かに上ずる箇所がまた堪らなくかっこいい。リズムセクションと同時に一発録りし、当然ながら機械処理も一切施していないボーカルの生々しさは、デスクトップでは到底計り得ない非様式美に満ちている。

へ〜このアルバムに「糸」が入ったのが最初なんだ〜という軽い調子で借りてみたら命取り。再生した途端に東洋の湿気にまかれ入口を見失い、縦の糸と横の糸で体の自由もきかなくなって、最低半日は中島みゆきの世界から出られなくなる。以上がTSUTAYAの棚には書かれていない本作の取扱注意事項である。
#中島みゆき  #eastasia  #20作目のアルバム  #二隻の舟  #糸  #誕生  #miyukinakajima  #1992  #レコード大賞優秀アルバム賞  キャスターの故・筑紫哲也がかつて中島みゆきと対談した際“番組でもっとアジアを取りあげなきゃと思いたったとき、すでに中島みゆきのアジアのアルバムが出ていた”と打ち明け、彼女の先見性を称賛していたのを覚えている。それが本作『EAST ASIA』(1992)だ。 ほぼ1年に1枚というハイペースで発表されていた90年代のアルバムの中、9曲という控えめな収録曲数ながらも圧倒的な“大作感”がある。それもそのはず、天安門事件から着想された雄大なタイトル曲、後にベスト盤にも収録される映画主題歌「誕生」、「夜会」の主題歌「二隻(にそう)の舟」、そして長い歳月を経て国民的愛唱歌になった「糸」という屈指のバラード4曲が同時に初出となった異常事態のアルバムだからである。 おそらく発表当初はミリオンヒットシングル「浅い眠り」収録というフレコミで流通したのだろう。今となっては同曲はそれほど印象強いほうのトラックではない。メインはやはり、以後彼女にとって伝家の宝刀となる汎アジア的旋律を有した楽曲群。所々キーボード/プログラミングの音色に古くささが無くもないが、爆発的な歌唱力が“そんな細けぇこと知るかよ!”とばかりに襲いかかり、小生のような理屈っぽいリスナーの思考もぶっ壊される。 とりわけ「二隻の舟」は何度聴いても鳥肌モノだ。本作から3年後に出たアルバム『10 WINGS』(1995)に、同曲はより洗練されたアレンジ(大部分がピアノ伴奏のみ)で新録されているが。ぼくはどちらかというと、ボーカルが荒々しい『EAST ASIA』バージョンのほうが好みだ。終盤の大サビまで来るともはや制御不能という感じで、唸りながら微かに上ずる箇所がまた堪らなくかっこいい。リズムセクションと同時に一発録りし、当然ながら機械処理も一切施していないボーカルの生々しさは、デスクトップでは到底計り得ない非様式美に満ちている。 へ〜このアルバムに「糸」が入ったのが最初なんだ〜という軽い調子で借りてみたら命取り。再生した途端に東洋の湿気にまかれ入口を見失い、縦の糸と横の糸で体の自由もきかなくなって、最低半日は中島みゆきの世界から出られなくなる。以上がTSUTAYAの棚には書かれていない本作の取扱注意事項である。
Songs my friends recommended🎧
中島みゆき/悪女#miyukinakajima#中島みゆき#悪女#nowplaying
#中島みゆき #愛していると云ってくれ #4作目のアルバム #わかれうた #世情 #化粧 #1978 #miyukinakajima #世の中はいつも変わっているから頑固者だけが悲しい思いする

初のNo.1ヒットシングル「わかれうた」 や後の定番曲「化粧」「世情」を収録し、中島みゆきのイメージを決定づけたアルバム『愛していると云ってくれ』(1978)。サザンオールスターズとYMOがデビューし、ニューミュージックという大まかな括りの業界勢力が更なる飛躍と細分化をはじめたこの年、みゆき嬢はあえて軽やかなる時代のムードを敬遠するかのように光の届かない世界を描いている。“自分を棄てた男の今の彼女”にさぐりの電話をかける女のようすを朗読劇に仕立てた「元気ですか」 からはじまり、早々とホラー全開。薄幸の詞は日本歌謡史の伝統でもあるが、ここまで弱者の傷みや妬みを生々しく追求したのは彼女以前にはいなかったに違いない。

中でも好きなのは、音楽の道を挫折したことを打ち明けていない旧友の家を訪ねる「おまえの家」。リスナーの想像力をたくましくさせる抽象的な詞も得意な彼女だが、この曲は解釈を増やす余地もない極めて繊細な心理描写で唸らせる。どこか不自然な《おまえ》が茶をすすめたときの 《あたし》の返しは、幼いながらに粋だなぁと思った。

言いだせないことを聞きだせもせずに
二人とも黙ってお湯の沸く青い火をみている
何を飲むかとぽつり おまえはたずねる
喫茶店に来てる気はないさ

歌がつくり手の実体験であるか否かというのは本来野暮な聴き方だとは思いつつも、つい深読みしたくなる部分が本作には多々ある。とりわけ先述の「元気ですか」に出てくる《あいつがやけにあなたの絵をほめるのよ》という中盤の一節。つまり恋敵の《あなた》は絵描きだと聴き知れるのだが、本作から5年後のアルバム『予感』(1983)の1曲目「この世に二人だけ」も《あなたの彼女が描いた絵の載った本をみつけた》という歌いだしで、同じく恋敵が絵描きなのだ。具体的かつ稀有な男女構成。若きみゆき嬢の暮らしに何があったのか。一つのモチーフを手にした彼女の錬金術の凄さもみのがせない。

もういっこ、どうでもいい話。現在NHKの顔になりつつある桑子真帆アナウンサー。日に日にあか抜けてきているけれど『ブラタモリ』のアシスタントだった2年ほど前の風貌は、70年代の中島みゆきによく似ていた(あるときハッと気がついた)。当時からテレビにほとんど出ておらず映像が限られているので、ぼくはタモリの隣でケラケラ笑う天真爛漫な桑子アナにみゆき嬢を重ねて見るという『ブラタモリ』よりもマニアックな楽しみ方をしていたのだった。
#中島みゆき  #愛していると云ってくれ  #4作目のアルバム  #わかれうた  #世情  #化粧  #1978  #miyukinakajima  #世の中はいつも変わっているから頑固者だけが悲しい思いする  初のNo.1ヒットシングル「わかれうた」 や後の定番曲「化粧」「世情」を収録し、中島みゆきのイメージを決定づけたアルバム『愛していると云ってくれ』(1978)。サザンオールスターズとYMOがデビューし、ニューミュージックという大まかな括りの業界勢力が更なる飛躍と細分化をはじめたこの年、みゆき嬢はあえて軽やかなる時代のムードを敬遠するかのように光の届かない世界を描いている。“自分を棄てた男の今の彼女”にさぐりの電話をかける女のようすを朗読劇に仕立てた「元気ですか」 からはじまり、早々とホラー全開。薄幸の詞は日本歌謡史の伝統でもあるが、ここまで弱者の傷みや妬みを生々しく追求したのは彼女以前にはいなかったに違いない。 中でも好きなのは、音楽の道を挫折したことを打ち明けていない旧友の家を訪ねる「おまえの家」。リスナーの想像力をたくましくさせる抽象的な詞も得意な彼女だが、この曲は解釈を増やす余地もない極めて繊細な心理描写で唸らせる。どこか不自然な《おまえ》が茶をすすめたときの 《あたし》の返しは、幼いながらに粋だなぁと思った。 言いだせないことを聞きだせもせずに 二人とも黙ってお湯の沸く青い火をみている 何を飲むかとぽつり おまえはたずねる 喫茶店に来てる気はないさ 歌がつくり手の実体験であるか否かというのは本来野暮な聴き方だとは思いつつも、つい深読みしたくなる部分が本作には多々ある。とりわけ先述の「元気ですか」に出てくる《あいつがやけにあなたの絵をほめるのよ》という中盤の一節。つまり恋敵の《あなた》は絵描きだと聴き知れるのだが、本作から5年後のアルバム『予感』(1983)の1曲目「この世に二人だけ」も《あなたの彼女が描いた絵の載った本をみつけた》という歌いだしで、同じく恋敵が絵描きなのだ。具体的かつ稀有な男女構成。若きみゆき嬢の暮らしに何があったのか。一つのモチーフを手にした彼女の錬金術の凄さもみのがせない。 もういっこ、どうでもいい話。現在NHKの顔になりつつある桑子真帆アナウンサー。日に日にあか抜けてきているけれど『ブラタモリ』のアシスタントだった2年ほど前の風貌は、70年代の中島みゆきによく似ていた(あるときハッと気がついた)。当時からテレビにほとんど出ておらず映像が限られているので、ぼくはタモリの隣でケラケラ笑う天真爛漫な桑子アナにみゆき嬢を重ねて見るという『ブラタモリ』よりもマニアックな楽しみ方をしていたのだった。
#中島みゆき #私の声が聞こえますか #1作目のアルバム #時代 #ある意味ホワイトアルバム #miyukinakajima #デビュー #1976

中島みゆきのファーストアルバム『私の声が聞こえますか』(1976)。同時代に花開いたシティポップ勢に比べ、サウンド面にこれといった意匠が見られないことから、専門誌上では今日でもあまり話題にされていない。個人的には、年齢不詳の声で淡々と歌う当初のスタイルにこのポーカーフェイスな演奏(というか録音方法)は適しているとも思う。鮮烈な歌とのコントラストが魅力なのだ。

下敷きにしている音楽ジャンルを気にしてみると「あたしのやさしい人」はブルース、「踊り明かそう」はカントリー、「悲しいことはいつもある」はジャズ、「アザミ嬢のララバイ」はシャンソン、「海よ」は唱歌、「ひとり遊び」は童歌と、意外なほどバラエティに富んでいる。とはいえ詞も声も独特過ぎて、聴いている間それら音楽的背景なるものはまるで主張してこない。おそらく昔も今も、様々な音楽に造詣があってのことではなく、すべて直感だよりで曲を書いているのだろう。天才と呼ばれる人にありがちな特性である。

アマチュア時代の彼女はフォークイベントのプロモーターのもとでお茶子のバイトをしながら歌っていたことがあり、このとき加川良や五つの赤い風船、斎藤哲夫ら音楽舎(URC)系列のシンガーソングライターたちと親交をもっている。もしも大学在籍中にでもプロになろうとしていたら、今ごろ“アングラフォークの歌姫”としてサブカルチャーシーンにおいてだけ偏愛されていたかも知れない。実際本作の1曲目「あぶな坂」は、作風だけなら70年代初頭のURCやベルウッドから出ていてもおかしくないくらい尖っている。

あぶな坂を越えたところに
あたしは住んでいる
坂を越えてくる人たちは
みんなけがをしてくる
橋をこわしたおまえのせいと
口をそろえてなじるけど

遠いふるさとで
傷ついた言いわけに
坂を落ちてくるのが
ここからは見える

ほんとノンジャンル。夢に出てきそう。情を誘い孤独を埋めようとする男の惨めさと、すべてを黙って見透かす女の賢さが、誰の表情もとらえられない不気味なアングルから描かれている怪作だ(深読みすると、この女は死神の類のようにも解釈できる)。記念すべき1曲目がコレで良かったのか。少なくとも、それから40年以上活躍しつづけている大成者の攻め方としては相当な危険球。ともすればそのまま才能が埋もれてしまうところであった、あぶないあぶない。まぁ、そういうところもかっこよくて好きなんだけどね。
#中島みゆき  #私の声が聞こえますか  #1作目のアルバム  #時代  #ある意味ホワイトアルバム  #miyukinakajima  #デビュー  #1976  中島みゆきのファーストアルバム『私の声が聞こえますか』(1976)。同時代に花開いたシティポップ勢に比べ、サウンド面にこれといった意匠が見られないことから、専門誌上では今日でもあまり話題にされていない。個人的には、年齢不詳の声で淡々と歌う当初のスタイルにこのポーカーフェイスな演奏(というか録音方法)は適しているとも思う。鮮烈な歌とのコントラストが魅力なのだ。 下敷きにしている音楽ジャンルを気にしてみると「あたしのやさしい人」はブルース、「踊り明かそう」はカントリー、「悲しいことはいつもある」はジャズ、「アザミ嬢のララバイ」はシャンソン、「海よ」は唱歌、「ひとり遊び」は童歌と、意外なほどバラエティに富んでいる。とはいえ詞も声も独特過ぎて、聴いている間それら音楽的背景なるものはまるで主張してこない。おそらく昔も今も、様々な音楽に造詣があってのことではなく、すべて直感だよりで曲を書いているのだろう。天才と呼ばれる人にありがちな特性である。 アマチュア時代の彼女はフォークイベントのプロモーターのもとでお茶子のバイトをしながら歌っていたことがあり、このとき加川良や五つの赤い風船、斎藤哲夫ら音楽舎(URC)系列のシンガーソングライターたちと親交をもっている。もしも大学在籍中にでもプロになろうとしていたら、今ごろ“アングラフォークの歌姫”としてサブカルチャーシーンにおいてだけ偏愛されていたかも知れない。実際本作の1曲目「あぶな坂」は、作風だけなら70年代初頭のURCやベルウッドから出ていてもおかしくないくらい尖っている。 あぶな坂を越えたところに あたしは住んでいる 坂を越えてくる人たちは みんなけがをしてくる 橋をこわしたおまえのせいと 口をそろえてなじるけど 遠いふるさとで 傷ついた言いわけに 坂を落ちてくるのが ここからは見える ほんとノンジャンル。夢に出てきそう。情を誘い孤独を埋めようとする男の惨めさと、すべてを黙って見透かす女の賢さが、誰の表情もとらえられない不気味なアングルから描かれている怪作だ(深読みすると、この女は死神の類のようにも解釈できる)。記念すべき1曲目がコレで良かったのか。少なくとも、それから40年以上活躍しつづけている大成者の攻め方としては相当な危険球。ともすればそのまま才能が埋もれてしまうところであった、あぶないあぶない。まぁ、そういうところもかっこよくて好きなんだけどね。
#中島みゆき #ララバイSINGER #34作目のアルバム #miyukinakajima #セルフカバー #30周年 #名刺代わり

近年のヒットやリバイバルを通じて中島みゆきを発見した人が、ベスト盤の次に聴くのに相応しいオリジナルアルバムは『ララバイSINGER』(2006)だろう。本人も当時のインタビューで“名刺代わり”といった表現をしていた。普段数字を気にする性格ではないだろうけど、さすがに30周年という歳月には感慨があったのだなと聴き知れる記念盤だ。

冒頭の「桜らららら」は、デビュー当初のステージレパートリーながらレコーディングされずにきたマニア垂涎曲。最後を飾るタイトル曲は、サビの歌いだし“ララバ〜イ”がデビューシングル「アザミ嬢のララバイ」のAメロの歌いだしのソレと同じメロディで出来ており、内容からしてもアンサーソングといえる。「あなたでなければ」のポップな曲展開は00年代版「悪女」という感じがするし、泥くさい応援歌の「重き荷を負いて」は00年代版「ファイト!」という感じもする。素頓狂な歌声の「とろ」は歴史的珍曲という見方ができるが、歌っていないときのみゆき嬢のキャラがよく表れているので、やはり名刺代わりでもある。

シングルカットもなければ、先行タイアップもないのに本作が“外向き”だと感じる最要因は、セルフカバーが数々収録されているから。TOKIOの「宙船」をはじめ岩崎宏美、工藤静香、華原朋美に提供していた各曲は、当然ながら歌い継がれることを前提にした流行歌としての明瞭なメロディを有している。セルフカバーは彼女の恒例行事だけれど、ここまでまとめて歌っているのは珍しい。いわば“皆殺しの刑”であり、彼女から曲を提供してもらえる幸運がともすれば最大級の不運でもあることを物語っている。

ところで『ララバイSINGER』って、ふつうならアルファベットかカタカナで統一すると思う。こういうところもまた中島みゆき感。近年、工藤静香に提供した曲なんか「単・純・愛 VS 本当の嘘」などというアンバランスなタイトルだ。なんでそこにナカグロが入るの?とか訊いてはいけない。元来ふつうじゃない。国語審議会委員に選ばれておきながら、言葉や文字の扱いが自由過ぎる歌人なのである。
#中島みゆき  #ララバイSINGER  #34作目のアルバム  #miyukinakajima  #セルフカバー  #30周年  #名刺代わり  近年のヒットやリバイバルを通じて中島みゆきを発見した人が、ベスト盤の次に聴くのに相応しいオリジナルアルバムは『ララバイSINGER』(2006)だろう。本人も当時のインタビューで“名刺代わり”といった表現をしていた。普段数字を気にする性格ではないだろうけど、さすがに30周年という歳月には感慨があったのだなと聴き知れる記念盤だ。 冒頭の「桜らららら」は、デビュー当初のステージレパートリーながらレコーディングされずにきたマニア垂涎曲。最後を飾るタイトル曲は、サビの歌いだし“ララバ〜イ”がデビューシングル「アザミ嬢のララバイ」のAメロの歌いだしのソレと同じメロディで出来ており、内容からしてもアンサーソングといえる。「あなたでなければ」のポップな曲展開は00年代版「悪女」という感じがするし、泥くさい応援歌の「重き荷を負いて」は00年代版「ファイト!」という感じもする。素頓狂な歌声の「とろ」は歴史的珍曲という見方ができるが、歌っていないときのみゆき嬢のキャラがよく表れているので、やはり名刺代わりでもある。 シングルカットもなければ、先行タイアップもないのに本作が“外向き”だと感じる最要因は、セルフカバーが数々収録されているから。TOKIOの「宙船」をはじめ岩崎宏美、工藤静香、華原朋美に提供していた各曲は、当然ながら歌い継がれることを前提にした流行歌としての明瞭なメロディを有している。セルフカバーは彼女の恒例行事だけれど、ここまでまとめて歌っているのは珍しい。いわば“皆殺しの刑”であり、彼女から曲を提供してもらえる幸運がともすれば最大級の不運でもあることを物語っている。 ところで『ララバイSINGER』って、ふつうならアルファベットかカタカナで統一すると思う。こういうところもまた中島みゆき感。近年、工藤静香に提供した曲なんか「単・純・愛 VS 本当の嘘」などというアンバランスなタイトルだ。なんでそこにナカグロが入るの?とか訊いてはいけない。元来ふつうじゃない。国語審議会委員に選ばれておきながら、言葉や文字の扱いが自由過ぎる歌人なのである。
#中島みゆき #わたしの子供になりなさい #1998 #25作目のアルバム #miyukinakajima #愛情物語 #ドッグフード

たとえば25歳だった椎名林檎がサードアルバムに『加爾基 精液 栗ノ花』と名付けたのには“世間にどう思われたって構わない自分でいたい”というアーティストの気概がピリピリ感じられるけど。46歳だった中島みゆきが25作目のアルバムに『わたしの子供になりなさい』(1998)と名付けたのには、それが世間にどう思われるか、マーケティングにどう影響するかなど端から気にもしていない図太さが感じられる。実際本作は、ビギナーには半ば嫌がらせのような奔放さがある隠れた問題作だ。

もともと芝居心に長けていた彼女は、 言葉の実験劇場「夜会」をライフワークとした90年代から強靭な声帯も獲得。これにより変身と称せる振れ幅の歌声を次々披露するようになった。『わたしの子供になりなさい』は“変身回数”を特筆すべきアルバムである。世知辛さを知り尽くす場末のママのように歌うタイトル曲、下界を見渡す天女のように歌う 「清流」、交番で口を聞かない家出娘のように歌う「木曜の夜」、ケンカっぱやそうな「下町の上、山の手の下」、サイケロッカーもびっくりの 「愛情物語」等々、本人もきっとこんな声も出るんだわ〜と楽しみながら歌ったのではないかと想像する。

数々の変身をみとどけてから終盤のバラード 「紅灯の海」(個人的にベストボーカルに数えている一曲)にたどり着けば、飾らない歌声が一層味わい深いが。それも束の間、最後は前衛の朗読劇かという11分のトラック、ペルー大使公邸占拠事件の報道を題材にした「4.2.3.」で、確実にトドメをさされる。

この時期忘れられないのがレギュラーラジオ番組の最終回で、リスナーの投書から当時の最新シングルと同じ「愛情物語」という商品名のドッグフード(クッキー状のやつ)があることが発覚。スタッフがスタジオに持ち込んだところ、収録中みゆき嬢は商品を紹介しながら袋をおもむろに開け、一枚ポリポリ食べだしたのだ。深夜聴いてて、えーー!?みたいな。しかも大事な最終回で「うまいじゃないの〜」とか言ってて。今のところ、ラジオでこれ以上の衝撃はない。その後出たアルバムが『わたしの子供になりなさい』だっつうんで、妙に納得したものだ。とかく攻めに攻めている時期だったのである。
#中島みゆき  #わたしの子供になりなさい  #1998  #25作目のアルバム  #miyukinakajima  #愛情物語  #ドッグフード  たとえば25歳だった椎名林檎がサードアルバムに『加爾基 精液 栗ノ花』と名付けたのには“世間にどう思われたって構わない自分でいたい”というアーティストの気概がピリピリ感じられるけど。46歳だった中島みゆきが25作目のアルバムに『わたしの子供になりなさい』(1998)と名付けたのには、それが世間にどう思われるか、マーケティングにどう影響するかなど端から気にもしていない図太さが感じられる。実際本作は、ビギナーには半ば嫌がらせのような奔放さがある隠れた問題作だ。 もともと芝居心に長けていた彼女は、 言葉の実験劇場「夜会」をライフワークとした90年代から強靭な声帯も獲得。これにより変身と称せる振れ幅の歌声を次々披露するようになった。『わたしの子供になりなさい』は“変身回数”を特筆すべきアルバムである。世知辛さを知り尽くす場末のママのように歌うタイトル曲、下界を見渡す天女のように歌う 「清流」、交番で口を聞かない家出娘のように歌う「木曜の夜」、ケンカっぱやそうな「下町の上、山の手の下」、サイケロッカーもびっくりの 「愛情物語」等々、本人もきっとこんな声も出るんだわ〜と楽しみながら歌ったのではないかと想像する。 数々の変身をみとどけてから終盤のバラード 「紅灯の海」(個人的にベストボーカルに数えている一曲)にたどり着けば、飾らない歌声が一層味わい深いが。それも束の間、最後は前衛の朗読劇かという11分のトラック、ペルー大使公邸占拠事件の報道を題材にした「4.2.3.」で、確実にトドメをさされる。 この時期忘れられないのがレギュラーラジオ番組の最終回で、リスナーの投書から当時の最新シングルと同じ「愛情物語」という商品名のドッグフード(クッキー状のやつ)があることが発覚。スタッフがスタジオに持ち込んだところ、収録中みゆき嬢は商品を紹介しながら袋をおもむろに開け、一枚ポリポリ食べだしたのだ。深夜聴いてて、えーー!?みたいな。しかも大事な最終回で「うまいじゃないの〜」とか言ってて。今のところ、ラジオでこれ以上の衝撃はない。その後出たアルバムが『わたしの子供になりなさい』だっつうんで、妙に納得したものだ。とかく攻めに攻めている時期だったのである。
#中島みゆき #予感 #1983 #10作目のアルバム #miyukinakajima #ローファイ

中島みゆきの初期には、静寂が約束されている帰り道や、何もなく終わってしまいそうな休日の部屋で鬱々と聴くのが似合うアルバムが何作もある。本作『予感』(1983)は、そのての最終作といっていいだろう。

年間ベストセラーとなった前作『寒水魚』(1982)が、淡いストリングスに覆われた“憔悴”を思わすボーカルが余韻を残す、まさに人生の最寒期といった世界観だったのに対し『予感』(1983)では、ふて腐れながらもドン底を脱してゆく静かなる力が感じられる。翌作からはニューウェイヴサウンドへ突入するので、様々な意味で本作が過渡期にあたるのだ。

デッドなドラムとベースが織り成す、隙間だらけのリズム。細野晴臣が参加した「ばいばいどくおぶざべい」など、曲によってはデモレコーディングかと思えるほど装飾性がなく閉鎖感をおぼえる。結果として90年代オルタナのローファイに通じるところもあり、案外ロック愛好家の肌に合う“和モノ”かも知れない。クレジットによると編曲は、レコード片面前半をみゆき嬢本人が、後半を井上堯之が担当したとのことだが一貫している。彼女が初め演奏陣にどういうふうにビジョンを伝えたのか気になる。

アルバムに抱くイメージというのは、ジャケット(特に色合い)から多分に影響を受けるもので、というか、サウンドや歌が漂わす空気感を忠実に画像化しているものが優秀なアートワークであり、『予感』はどの曲を聴いても橙色の世界が脳裏に広がる。「この世に二人だけ」や「夏土産」ではやがて色褪せてく回想の色として、「髪を洗う女」や 「テキーラを飲みほして」では孤独を促す電球の色として、「金魚」ではひるがえる鱗の色として、そして「ファイト!」では水面に散りばめられた黄昏の色として、どれも儚げに橙色が灯っている。

それゆえ“すぐに無くなってしまうもの”を片時見るような気分が、実際は何十年と続いているのである。
#中島みゆき  #予感  #1983  #10作目のアルバム  #miyukinakajima  #ローファイ  中島みゆきの初期には、静寂が約束されている帰り道や、何もなく終わってしまいそうな休日の部屋で鬱々と聴くのが似合うアルバムが何作もある。本作『予感』(1983)は、そのての最終作といっていいだろう。 年間ベストセラーとなった前作『寒水魚』(1982)が、淡いストリングスに覆われた“憔悴”を思わすボーカルが余韻を残す、まさに人生の最寒期といった世界観だったのに対し『予感』(1983)では、ふて腐れながらもドン底を脱してゆく静かなる力が感じられる。翌作からはニューウェイヴサウンドへ突入するので、様々な意味で本作が過渡期にあたるのだ。 デッドなドラムとベースが織り成す、隙間だらけのリズム。細野晴臣が参加した「ばいばいどくおぶざべい」など、曲によってはデモレコーディングかと思えるほど装飾性がなく閉鎖感をおぼえる。結果として90年代オルタナのローファイに通じるところもあり、案外ロック愛好家の肌に合う“和モノ”かも知れない。クレジットによると編曲は、レコード片面前半をみゆき嬢本人が、後半を井上堯之が担当したとのことだが一貫している。彼女が初め演奏陣にどういうふうにビジョンを伝えたのか気になる。 アルバムに抱くイメージというのは、ジャケット(特に色合い)から多分に影響を受けるもので、というか、サウンドや歌が漂わす空気感を忠実に画像化しているものが優秀なアートワークであり、『予感』はどの曲を聴いても橙色の世界が脳裏に広がる。「この世に二人だけ」や「夏土産」ではやがて色褪せてく回想の色として、「髪を洗う女」や 「テキーラを飲みほして」では孤独を促す電球の色として、「金魚」ではひるがえる鱗の色として、そして「ファイト!」では水面に散りばめられた黄昏の色として、どれも儚げに橙色が灯っている。 それゆえ“すぐに無くなってしまうもの”を片時見るような気分が、実際は何十年と続いているのである。
#中島みゆき #パラダイスカフェ #24作目のアルバム #miyukinakajima #paradisecafe #1996 #パームの枝に遮られて月は密かに昇ってゆく横顔だけを見せて笑う愛想の悪い美人のようだ

中島みゆきと“アメリカの音”の理想的調和を達成したアルバム『パラダイス・カフェ』(1996)。TOKYO-FMで『お時間拝借』というレギュラー番組に出演していた時期に出たので、寝床に設置したラジカセ(チューニングがいつも不安定だったポンコツ)とともに思い出深い。またジャケット、歌詞カードのアートワークが出色だ。総じて、ユーミンに負けず劣らずお洒落なアルバムといえばコレだろう。

中島みゆきの音楽というのは、当初からエレキギターもドラムも用いられてきたけれど、それらは“きちんと鳴っていて鳴っていない”のが正しい。歌の情感を完成させるために不可欠な構成要素であっても、最終的に借り物の文化臭が出過ぎない、いわば“カフェ”でなく“喫茶”どまりのさじ加減が肝心な音楽なのだと思う。瀬尾一三が共同プロデューサーに就いてからは、ロサンゼルス録音/現地ミュージシャン演奏が常套手段となった。ロックの絶対的味方となるロス特有の乾きや臨場感は、ときに彼女の歌に不釣り合いなバンドサウンドを誘発してしまうのだが。その点、本作のアレンジとミックスには非の打ちどころがない。二つの異文化が僅かに交差する部分を見事探り当てたという感じだ。

みゆき側の歩み寄りと思える点もある。他の歌手と比べたらばともかく、比較的重々しさ(湿度感)を抑えたボーカルが収録曲の大半を占めている。その起点となった曲は「永遠の嘘をついてくれ」かも知れない。前年に吉田拓郎へ提供した同曲は、全盛期タクローを連想させる超絶な字余りソング。しかもみゆき嬢は提供時よりも更に速いテンポで歌っており、必然的に一語一語がサラサラ流れてゆく歌唱法が選ばれている。シングルでは軍歌風だった「旅人のうた」にしても、タイトル曲「パラダイス・カフェ」にしてもそう。鉄線のギターのストロークが印象的な曲もあり、おそらく制作過程のどこかでウエストコーストロックに内在する“フォーキー”をみゆきワールドと融合させるのがサウンドコンセプトになったのではないかと。

ぶちギレるボーカルが好きなファンには少々上品過ぎる面もあるが、ぼくはこのアルバムを聴きながら、フジロックのグリーンステージに立つ彼女を想像して楽しむ。
#中島みゆき  #パラダイスカフェ  #24作目のアルバム  #miyukinakajima  #paradisecafe  #1996  #パームの枝に遮られて月は密かに昇ってゆく横顔だけを見せて笑う愛想の悪い美人のようだ  中島みゆきと“アメリカの音”の理想的調和を達成したアルバム『パラダイス・カフェ』(1996)。TOKYO-FMで『お時間拝借』というレギュラー番組に出演していた時期に出たので、寝床に設置したラジカセ(チューニングがいつも不安定だったポンコツ)とともに思い出深い。またジャケット、歌詞カードのアートワークが出色だ。総じて、ユーミンに負けず劣らずお洒落なアルバムといえばコレだろう。 中島みゆきの音楽というのは、当初からエレキギターもドラムも用いられてきたけれど、それらは“きちんと鳴っていて鳴っていない”のが正しい。歌の情感を完成させるために不可欠な構成要素であっても、最終的に借り物の文化臭が出過ぎない、いわば“カフェ”でなく“喫茶”どまりのさじ加減が肝心な音楽なのだと思う。瀬尾一三が共同プロデューサーに就いてからは、ロサンゼルス録音/現地ミュージシャン演奏が常套手段となった。ロックの絶対的味方となるロス特有の乾きや臨場感は、ときに彼女の歌に不釣り合いなバンドサウンドを誘発してしまうのだが。その点、本作のアレンジとミックスには非の打ちどころがない。二つの異文化が僅かに交差する部分を見事探り当てたという感じだ。 みゆき側の歩み寄りと思える点もある。他の歌手と比べたらばともかく、比較的重々しさ(湿度感)を抑えたボーカルが収録曲の大半を占めている。その起点となった曲は「永遠の嘘をついてくれ」かも知れない。前年に吉田拓郎へ提供した同曲は、全盛期タクローを連想させる超絶な字余りソング。しかもみゆき嬢は提供時よりも更に速いテンポで歌っており、必然的に一語一語がサラサラ流れてゆく歌唱法が選ばれている。シングルでは軍歌風だった「旅人のうた」にしても、タイトル曲「パラダイス・カフェ」にしてもそう。鉄線のギターのストロークが印象的な曲もあり、おそらく制作過程のどこかでウエストコーストロックに内在する“フォーキー”をみゆきワールドと融合させるのがサウンドコンセプトになったのではないかと。 ぶちギレるボーカルが好きなファンには少々上品過ぎる面もあるが、ぼくはこのアルバムを聴きながら、フジロックのグリーンステージに立つ彼女を想像して楽しむ。
本日2月23日は歌姫様のお誕生日です。
#中島みゆき
#MiyukiNakajima
#命のリレー
#RelayoftheSoul
中島みゆき「やまねこ」10穴ハーモニカで吹いたとです♫•*¨
#中島みゆき生誕祭
#中島みゆき
#MiyukiNakajima
#harmonica #BluesHarmonica #BluesHarp
中島みゆき「誕生」10穴ハーモニカで吹いたとです♫•*¨
#中島みゆき生誕祭
#中島みゆき
#MiyukiNakajima
#harmonica #BluesHarmonica #BluesHarp
#中島みゆき #誕生日 #2月23日 #ありがとう #3作目のアルバム #miyukinakajima #1977

本日2月23日は、中島みゆきの誕生日。1952年生まれ。いわゆる美魔女であり、そもそも魔女とよく呼ばれてきた天才だ。全作品持っているので、本日を機に彼女のアルバムの話も独善的に小出しにしていきたい。

まずは、70年代作品では最も好きな『あ・り・が・と・う』(1977)。中島みゆきといえば、憑依にも似た演劇性の高い歌唱法で知られているが。デビュー当初は、鮮烈な歌詞とは対照的なポーカーフェイスの歌声が特徴だった。歌手としてのみゆき嬢の中に明らかな“激情”あるいは“人間味”も加わるようになったのは本作からだろう。

代表曲「時代」に象徴される通り、彼女は“故郷=帰れる場所がどこにあるのか”というテーマを絶えず扱い続けている。そこでは決まって、ある種の旅人が登場する。つまり“帰れなくなった人”や“帰るところがない人”を歌うのだ。ブレイク前夜に発表された本作は、様々な物語を通じてそのテーマが浮かび上がるコンセプトアルバムといえる。男たちとの辛い別れの数々を巡礼に重ねる「遍路」にはじまり、青春時代のたまり場に思い馳せる「店の名はライフ」、実父の死を題材にしたといわれる「まつりばやし」、帰省シーズンの定番曲「ホームにて」等々、主人公はみんなひとりぼっちで帰れない。ひいては“帰れない物語”が繰り返された末に、聴き手にはその寂しさ以上の強さが伝染する。絶望というのも、行くところまで行くと一巡し生命力につながり得ることを教えてくれるのだ。

あ、そうそう、近年のシングル「麦の唄」(2014)は『あ・り・ が・と・う』と並べて聴くと余計にグッとくるので、その聴き方もおすすめしたい。タイアップドラマにちなみ、故郷を離れて異国の地に嫁ぐ女性の決意を歌にしたものだが、終盤に 《未来の故郷》というエポックな詞が出てくるのだ。故郷に帰れないのなら、ここに新しくつくろう…というそれが、およそ40年かけて旅人がたどり着いた答えなのだから、そらぁ喝采をあげるしかあるまい。
#中島みゆき  #誕生日  #2月23日  #ありがとう  #3作目のアルバム  #miyukinakajima  #1977  本日2月23日は、中島みゆきの誕生日。1952年生まれ。いわゆる美魔女であり、そもそも魔女とよく呼ばれてきた天才だ。全作品持っているので、本日を機に彼女のアルバムの話も独善的に小出しにしていきたい。 まずは、70年代作品では最も好きな『あ・り・が・と・う』(1977)。中島みゆきといえば、憑依にも似た演劇性の高い歌唱法で知られているが。デビュー当初は、鮮烈な歌詞とは対照的なポーカーフェイスの歌声が特徴だった。歌手としてのみゆき嬢の中に明らかな“激情”あるいは“人間味”も加わるようになったのは本作からだろう。 代表曲「時代」に象徴される通り、彼女は“故郷=帰れる場所がどこにあるのか”というテーマを絶えず扱い続けている。そこでは決まって、ある種の旅人が登場する。つまり“帰れなくなった人”や“帰るところがない人”を歌うのだ。ブレイク前夜に発表された本作は、様々な物語を通じてそのテーマが浮かび上がるコンセプトアルバムといえる。男たちとの辛い別れの数々を巡礼に重ねる「遍路」にはじまり、青春時代のたまり場に思い馳せる「店の名はライフ」、実父の死を題材にしたといわれる「まつりばやし」、帰省シーズンの定番曲「ホームにて」等々、主人公はみんなひとりぼっちで帰れない。ひいては“帰れない物語”が繰り返された末に、聴き手にはその寂しさ以上の強さが伝染する。絶望というのも、行くところまで行くと一巡し生命力につながり得ることを教えてくれるのだ。 あ、そうそう、近年のシングル「麦の唄」(2014)は『あ・り・ が・と・う』と並べて聴くと余計にグッとくるので、その聴き方もおすすめしたい。タイアップドラマにちなみ、故郷を離れて異国の地に嫁ぐ女性の決意を歌にしたものだが、終盤に 《未来の故郷》というエポックな詞が出てくるのだ。故郷に帰れないのなら、ここに新しくつくろう…というそれが、およそ40年かけて旅人がたどり着いた答えなのだから、そらぁ喝采をあげるしかあるまい。
みゆきさんお誕生日おめでとう。みゆきさんの音楽は「生きて行くのチカラ」です。#中島みゆき #musicislife #miyukinakajima #歌姫 #誕生 #sayyouloveme #跟我說愛我
#中島みゆき #カセットテープ #90分 #日本一BGMに向いていない #miyukinakajima #90s #00s #cassettetape

中島みゆきのカセットテープを新たに編集して持ってきた。片面はカセットウォークマンを持ち歩いていた学生時代に愛聴した90年代の傑作群、もう片面は21世紀入ってからの傑作群。あいにく部屋から掘り出したテープの状態が悪かったので、後日同じCD-RWから入れ直す予定(事前に片面用のCDを作成している)。我ながら選曲は素晴らしい。つうか、中島みゆきが素晴らしすぎる。

近頃テレビをつけると、カラオケ採点番組をやたらと目にする。機械なんぞに歌唱力が分かってたまるかというツッコミどころをも訴求力にして人気を獲得している番組なのだろう。確かにみんな上手なんだけど“だけど”を語尾に付けたくなる。感心する歌と感動する歌の何が違うのか。これについてぼんやり浮かぶのは、歴史に残る名歌手はみんなもともと“珍味”だという事実である。一方では生理的に受けつけないという人がごまんといるくらいのクセの強さがないと、心に永く染みわたり得ないのではと思ったりする。

中島みゆきの味を早くに知ってしまうと、今流行っている多くの歌は淡白な味に感じる。ぼくはその不運を今後も幸運だと勘違いして噛み締めたい。
#中島みゆき  #カセットテープ  #90分  #日本一BGMに向いていない  #miyukinakajima  #90s  #00s  #cassettetape  中島みゆきのカセットテープを新たに編集して持ってきた。片面はカセットウォークマンを持ち歩いていた学生時代に愛聴した90年代の傑作群、もう片面は21世紀入ってからの傑作群。あいにく部屋から掘り出したテープの状態が悪かったので、後日同じCD-RWから入れ直す予定(事前に片面用のCDを作成している)。我ながら選曲は素晴らしい。つうか、中島みゆきが素晴らしすぎる。 近頃テレビをつけると、カラオケ採点番組をやたらと目にする。機械なんぞに歌唱力が分かってたまるかというツッコミどころをも訴求力にして人気を獲得している番組なのだろう。確かにみんな上手なんだけど“だけど”を語尾に付けたくなる。感心する歌と感動する歌の何が違うのか。これについてぼんやり浮かぶのは、歴史に残る名歌手はみんなもともと“珍味”だという事実である。一方では生理的に受けつけないという人がごまんといるくらいのクセの強さがないと、心に永く染みわたり得ないのではと思ったりする。 中島みゆきの味を早くに知ってしまうと、今流行っている多くの歌は淡白な味に感じる。ぼくはその不運を今後も幸運だと勘違いして噛み締めたい。
I had a wonderful meeting and interview with journalistin Marta Kupiec for Kultur radio Berlin', rbb. It was online this morning at 7:10 and they will repeat it today at 14:10h.
I was talking about my work but also about our art and pottery classes, Japanese Art of Home Cooking classes, my passion for garden and about our concerts and poetry evenings, my city Potsdam and you can even hear the music of my love, japanese artist Nakajima Miyuki... Good day to you 😊❣ http://www.kulturradio.de/programm/schema/sendungen/kulturradio_am_morgen/archiv/20170211_0605/das_portraet_0710.html#

#goshanagashima#studiogosha#berlinradio#rbb#interview#martakupiec#kunstlerin#potsdamartist#berlin#rbb#rbbradio#rbbberlin#Kulturradio#studiointerview#miyukinakajima#nakajimamiyuki#mycity#potsdam
I had a wonderful meeting and interview with journalistin Marta Kupiec for Kultur radio Berlin', rbb. It was online this morning at 7:10 and they will repeat it today at 14:10h. I was talking about my work but also about our art and pottery classes, Japanese Art of Home Cooking classes, my passion for garden and about our concerts and poetry evenings, my city Potsdam and you can even hear the music of my love, japanese artist Nakajima Miyuki... Good day to you 😊❣ http://www.kulturradio.de/programm/schema/sendungen/kulturradio_am_morgen/archiv/20170211_0605/das_portraet_0710.html# #goshanagashima #studiogosha #berlinradio #rbb #interview #martakupiec #kunstlerin #potsdamartist #berlin #rbb #rbbradio #rbbberlin #Kulturradio #studiointerview #miyukinakajima #nakajimamiyuki #mycity #potsdam 
・
・
中島みゆきと焼酎🍶 
しみじみ…
・
あっ、何かあったわけではなく
通常運転です(笑)
・
・
焼酎は邑と魔王が好き♡
・
・
#焼酎#shochu#🍶#🍺#邑
#中島みゆき#miyukinakajima 
#音楽#music#jpop
₍₍ ◝(ˊ•◡•ˋ)◜ ₎₎
#🎧 #MiyukiNakajima - Akujo / Bad Woman - #instasound by @sounds_app on http://get.sounds.am/5Tnm/pu1DxQZ7sA
₍₍ ◝(ˊ•◡•ˋ)◜ ₎₎ #🎧 #MiyukiNakajima  - Akujo / Bad Woman - #instasound  by @sounds_app on http://get.sounds.am/5Tnm/pu1DxQZ7sA
₍₍ ◝(ˊ•◡•ˋ)◜ ₎₎
#🎧 #MiyukiNakajima - Fight! - #instasound by @sounds_app on http://get.sounds.am/5Tnm/5x04WWU7sA
₍₍ ◝(ˊ•◡•ˋ)◜ ₎₎ #🎧 #MiyukiNakajima  - Fight! - #instasound  by @sounds_app on http://get.sounds.am/5Tnm/5x04WWU7sA
₍₍ ◝(ˊ•◡•ˋ)◜ ₎₎
#🎧 #MiyukiNakajima - Yuwaku - #instasound by @sounds_app on http://get.sounds.am/5Tnm/SKtikNw8iA
₍₍ ◝(ˊ•◡•ˋ)◜ ₎₎ #🎧 #MiyukiNakajima  - Yuwaku - #instasound  by @sounds_app on http://get.sounds.am/5Tnm/SKtikNw8iA
₍₍ ◝(ˊ•◡•ˋ)◜ ₎₎
#🎧 #MiyukiNakajima - Hitorijouzu - #instasound by @sounds_app on http://get.sounds.am/5Tnm/09O90Po8iA
₍₍ ◝(ˊ•◡•ˋ)◜ ₎₎ #🎧 #MiyukiNakajima  - Hitorijouzu - #instasound  by @sounds_app on http://get.sounds.am/5Tnm/09O90Po8iA
悪女になるなら月夜はおよしよ
素直になりすぎる…
隠しておいた言葉がホロリ
溢れてしまう「行かないで…」 寒い夜には中島みゆきが沁みる

#カバー曲 #中島みゆき#悪女#ギター#coversong#MiyukiNakajima#guitar
若年層が全く見つからない。
#一会 
#miyukinakajima
I watched the live movie of Miyuki Nakajima who's Japanese big and old diva. Make me so excited and thinkable. 中島みゆきの『一会』観てきました!本人はもとより、スタッフも観客も年寄りばかりw。それにしても感動やら違和感やら、突っ込みどころが多く、考えさせられる内容でした。やっぱり昔の曲の方がいいですねー。今でも色褪せない!#live#miyukinakajima#concert#picadelly#中島みゆき#一会
I watched the live movie of Miyuki Nakajima who's Japanese big and old diva. Make me so excited and thinkable. 中島みゆきの『一会』観てきました!本人はもとより、スタッフも観客も年寄りばかりw。それにしても感動やら違和感やら、突っ込みどころが多く、考えさせられる内容でした。やっぱり昔の曲の方がいいですねー。今でも色褪せない!#live #miyukinakajima #concert #picadelly #中島みゆき #一会 
本日は上司的BOSS的おんちゃん(おじさん)のお誕生日🎂とゆーわけで、今年はみゆきさんの最新アルバム#前途 をプレゼントしましたよ🎁喜んでもらえてよかった😌🎶
#布教 去年は#Singles2000 一昨年は#大吟醸 ←#みゆきさんベストアルバム ←#初心者にうってつけ #上司 #おんちゃん #齢六十一 #お誕生日おめでとう #誕生日 #プレゼント #中島みゆき #21世紀 #ベストセレクション #happybirthday #toboss #birthday #present #CD #Future #MiyukiNakajima #diva #singer #songwriter #Japan #🎂 #🎁 #💿 #🐦
本日は上司的BOSS的おんちゃん(おじさん)のお誕生日🎂とゆーわけで、今年はみゆきさんの最新アルバム#前途  をプレゼントしましたよ🎁喜んでもらえてよかった😌🎶 #布教  去年は#Singles2000  一昨年は#大吟醸  ←#みゆきさんベストアルバム  ←#初心者にうってつけ  #上司  #おんちゃん  #齢六十一  #お誕生日おめでとう  #誕生日  #プレゼント  #中島みゆき  #21世紀  #ベストセレクション  #happybirthday  #toboss  #birthday  #present  #CD  #Future  #MiyukiNakajima  #diva  #singer  #songwriter  #Japan  #🎂 #🎁 #💿 #🐦
ひとりみゆき会。学生時代以来やけど、たのしすぎる。 歌いたい曲を、あからんまで歌う。ある意味トライアスロン。 #みゆき会 #中島みゆき #karaoke #miyukinakajima
#中島みゆき#miyukinakajima#サイン#LPジャケット#まず#自分を語る上で#避けて通れない 中島みゆき!!このLPには直筆サインが書かれているのですが… 何と表記が1977年になっており😮よって40年前と言う事になります😳もしかしなくても...とても貴重な物です🙌(鑑定団級?🤔)分かる人に分かれば良いです。しかもサインが若々しい☺️・・・ 分かる人に分かれば良いですww
#中島みゆき #miyukinakajima #サイン #LPジャケット #まず #自分を語る上で #避けて通れない  中島みゆき!!このLPには直筆サインが書かれているのですが… 何と表記が1977年になっており😮よって40年前と言う事になります😳もしかしなくても...とても貴重な物です🙌(鑑定団級?🤔)分かる人に分かれば良いです。しかもサインが若々しい☺️・・・ 分かる人に分かれば良いですww
My favorite Japanese singer ❤❤❤the most admire female singer #miyukinakajima
My favorite Japanese singer ❤❤❤the most admire female singer #miyukinakajima 
中島みゆき 劇場版 第7弾!
珠玉の名曲20曲が、迫力の5.1chサラウンドで 大スクリーンに蘇る!

中島みゆきConcert「一会」2015〜2016劇場版 をみてきました。涙と感動の余韻に浸りながら帰ります。明日からまたがんばろう!
#中島みゆき #劇場版 #一会 #MiyukiNakajima #Phototreats
中島みゆき 劇場版 第7弾! 珠玉の名曲20曲が、迫力の5.1chサラウンドで 大スクリーンに蘇る! 中島みゆきConcert「一会」2015〜2016劇場版 をみてきました。涙と感動の余韻に浸りながら帰ります。明日からまたがんばろう! #中島みゆき  #劇場版  #一会  #MiyukiNakajima  #Phototreats 
みゆきタン❤️の#コンサート  に来ました!と、言っても劇場コンサート♬♬♬
一人でゆっくり楽しむ時間をもらいました❤️ #あハンカチ忘れた
#いつか夜会に行くのが夢
#中島みゆき#一会
#特別上映#期間限定上映#歌姫
#女神#女王#クイーン#theater#movie
#Movieconcert#live#concert
#miyukinakajima
【所感―ややネタバレありやや長文】
中島みゆき Concert『一会(いちえ)』2015~2016 劇場版 初回鑑賞。会場には2度足を運んだしBDでも幾度となく観たけれど、良音響&大スクリーンで細部までじっくりと確認できるのが醍醐味。
映画は、モノクロの“劇場版限定・完全未公開映像”的リハーサル・ドキュメンタリー(28分)から始まる。スタジオとホールでのリハの模様はじめ、衣装やセットなど細部にわたる打ち合わせの舞台裏に密着したもの。
素の動くみゆきさん(お茶目♡)が観られるといううれしさ。とともに、ミュージシャンやスタッフ、プロデューサー瀬尾一三氏とのやりとりの中で『一会』という作品が生み出されてゆくまさにその現場を少しではあるものの目の当たりにすることで、なんだか身が引き締まる思い。いつしか感情移入し、共にライブを迎える視点になってしまう。そしてその映像が色を持ったとき、いよいよコンサートの幕が開ける。
ステージは、みゆきさんの思いがこれまでになく詰まっている。夜から朝へ。緊張と緩和。終盤の鬼気迫る歌唱からのラスト曲がまた憎い。そして「ピアニシモ」ではやはり落涙。
コンサートに足を運んだ者としては、リハーサル・ドキュメンタリーを目にしたことで更なる感動や発見があったし、そうでない人にも新たな出会いがきっとあるのだと思う。
本日1/7(土)より全国ロードショーですっ❣️←
#今聴いてほしいうた #揺るぎない #中島みゆき #瀬尾一三 #一会 #劇場版 #コンサート #ライブ #映画 #歌姫 #女神 #組曲 #MiyukiNakajima #diva #singer #songwriter #concert #live #movie #song #music #Suite #Bitter #SincerelyYours #Japan #👸 #🎤 #🎶 #🎥 #😢
【所感―ややネタバレありやや長文】 中島みゆき Concert『一会(いちえ)』2015~2016 劇場版 初回鑑賞。会場には2度足を運んだしBDでも幾度となく観たけれど、良音響&大スクリーンで細部までじっくりと確認できるのが醍醐味。 映画は、モノクロの“劇場版限定・完全未公開映像”的リハーサル・ドキュメンタリー(28分)から始まる。スタジオとホールでのリハの模様はじめ、衣装やセットなど細部にわたる打ち合わせの舞台裏に密着したもの。 素の動くみゆきさん(お茶目♡)が観られるといううれしさ。とともに、ミュージシャンやスタッフ、プロデューサー瀬尾一三氏とのやりとりの中で『一会』という作品が生み出されてゆくまさにその現場を少しではあるものの目の当たりにすることで、なんだか身が引き締まる思い。いつしか感情移入し、共にライブを迎える視点になってしまう。そしてその映像が色を持ったとき、いよいよコンサートの幕が開ける。 ステージは、みゆきさんの思いがこれまでになく詰まっている。夜から朝へ。緊張と緩和。終盤の鬼気迫る歌唱からのラスト曲がまた憎い。そして「ピアニシモ」ではやはり落涙。 コンサートに足を運んだ者としては、リハーサル・ドキュメンタリーを目にしたことで更なる感動や発見があったし、そうでない人にも新たな出会いがきっとあるのだと思う。 本日1/7(土)より全国ロードショーですっ❣️← #今聴いてほしいうた  #揺るぎない  #中島みゆき  #瀬尾一三  #一会  #劇場版  #コンサート  #ライブ  #映画  #歌姫  #女神  #組曲  #MiyukiNakajima  #diva  #singer  #songwriter  #concert  #live  #movie  #song  #music  #Suite  #Bitter  #SincerelyYours  #Japan  #👸 #🎤 #🎶 #🎥 #😢
Headlight Taillight  It still doesn’t end
Headlight Taillight  Life’s journey goes on
♬ヘッドライト・テールライト/中島みゆき
♬Headlight Taillight / Miyuki Nakajima
#Best9Moments #2016BestMoments #BestMoments #2016 #HeadlightTaillight #MiyukiNakajima
LAシャツを着て、さよならLos Angeles👋👋👋 #goodbye #LA #お別れの歌 は #地上の星 #miyukinakajima
スタジオ近くで。
ハッピーなクリスマスソングの合間に「糸」
嬉しいな。大好き。

メリークリスマス🌟

#music #musicislife #christmas #merrychristmas #love #holidays #santaclaus #saxophone #livemusic #clarinet#ito #miyukinakajima
私はやっぱりCDを買う人なのよ。
洗濯物干しながら涙しながら聴く、私のクリスマスプレゼント。ご尊敬申し上げております。同じ元道民ですし。
夫も愛聴。私の10こ下なのに。デュッセルドルフ行きの飛行機の中と、NHK『SONGS』で激ハマりですよ。

色々決めなくてはいけない部分があって、簡単に決まらなくて、生きてく上で基本的な部分なんだけど、決まらなくて。。。
これ聴いてがんばろ。

ダウンロードじゃ、なんだか物足りない。中国に住んでる時には簡単に正式版買えなかったし。
#miyukinakajima #中島みゆき #前途
私はやっぱりCDを買う人なのよ。 洗濯物干しながら涙しながら聴く、私のクリスマスプレゼント。ご尊敬申し上げております。同じ元道民ですし。 夫も愛聴。私の10こ下なのに。デュッセルドルフ行きの飛行機の中と、NHK『SONGS』で激ハマりですよ。 色々決めなくてはいけない部分があって、簡単に決まらなくて、生きてく上で基本的な部分なんだけど、決まらなくて。。。 これ聴いてがんばろ。 ダウンロードじゃ、なんだか物足りない。中国に住んでる時には簡単に正式版買えなかったし。 #miyukinakajima  #中島みゆき  #前途 
ぶれない強さ 
ゆずれないもの
意思
覚悟
嫌われてもいい
優しいだけが愛ではない

#中島みゆき  #ファイト  #power #strongmind  #ぶれない  #歌 #miyukinakajima  #myfavoritesong
営業終了、#中島みゆき #miyukinakajima #ララバイSINGER 聞きながら洗い物、ぶっ通しくたくた
営業終了、#中島みゆき #miyukinakajima #問題集 #hardproblems 聞きながら洗い物、やっぱ1本電話は入れるべきだなトラブるの元
ランチ終了、#中島みゆき #miyukinakajima #常夜灯 聞きながら洗い物、めんどーな客ばかり
営業終了、#中島みゆき #miyukinakajima 組曲(suite)聞きながら洗い物、もろもろめんどうだ
中島みゆき「白鳥の歌が聞こえる」10穴ハーモニカで吹いたとです♫•*¨KEY-IN-B
#中島みゆき
#MiyukiNakajima
#harmonica #BluesHarmonica #BluesHarp
ゆうべは、上京したら行きたかったところNo.1…とゆーか目的→みゆきさんの 夜会VOL19.「橋の下のアルカディア」千穐楽へ。
おととしからの再演で、マイナーチェンジされてる箇所が多々あり堪能&感動でした。終演後には出待ちもしーのでほんとよかった♡
#涙腺崩壊 #楽日は格別 #最後の挨拶も感動 #出待ちは100人くらい #横断幕みたいの持ってみた #中島みゆき #中村中 #石田匠 #夜会 #橋の下のアルカディア #演劇 #千穐楽 #歌姫 #麦の女神 #赤坂 #musical #closingday #Miyukinakajima #diva #singer #songwriter #song #music #Japan #👸 #👨 #🐱 #🎤#🎶 #😭
ゆうべは、上京したら行きたかったところNo.1…とゆーか目的→みゆきさんの 夜会VOL19.「橋の下のアルカディア」千穐楽へ。 おととしからの再演で、マイナーチェンジされてる箇所が多々あり堪能&感動でした。終演後には出待ちもしーのでほんとよかった♡ #涙腺崩壊  #楽日は格別  #最後の挨拶も感動  #出待ちは100人くらい  #横断幕みたいの持ってみた  #中島みゆき  #中村中  #石田匠  #夜会  #橋の下のアルカディア  #演劇  #千穐楽  #歌姫  #麦の女神  #赤坂  #musical  #closingday  #Miyukinakajima  #diva  #singer  #songwriter  #song  #music  #Japan  #👸 #👨 #🐱 #🎤#🎶 #😭
念願だった夜会へ。 みゆきさん、圧巻でした。
夜会VOL.19 「橋の下のアルカディア」
#yakai #miyukinakajima #acttheatre
真夜中にひとり夜会*後半〜
中島みゆき「身体の中を流れる涙」10穴ハーモニカで吹いたとです♫•*¨KEY-IN-B♭
#中島みゆき
#MiyukiNakajima
#harmonica #BluesHarmonica #BluesHarp
真夜中にひとり夜会*前半〜
中島みゆき「身体の中を流れる涙」10穴ハーモニカで吹いたとです♫•*¨KEY-IN-B♭
#中島みゆき
#MiyukiNakajima
#harmonica #BluesHarmonica #BluesHarp
「夜会」と同歳ですが、わざわざ買った。#誕生 #中島みゆき #夜会 #生まれた時 #miyukinakajima #ローリング
#中島美雪 #MiyukiNakajima #中島みゆき  Same cover but totally different track listing. Vinyl is "Best Selection" 1983 (HK edition) with #悪女 
CD is the proper studio album #親愛なる者へ "Shin-ai Naru Mono e" (Japan edition) 1979
年末に元気なみゆき女史に会えると心の底から嬉しくなるし、来年もまた頑張ろうって気持ちにもなる。
#赤坂アクトシアター #AkasakaActTheater #中島みゆき #MiyukiNakajima #夜会 #yakai #橋の下のアルカディア #instadaily
仕事の合間に夜会へ。先月に続いて2回目。言葉のひとつひとつが身に沁みます。

時は 全てを連れてゆくものらしい
なのに どうして 寂しさを置き忘れてゆくの
いくつになれば 人懐かしさを
うまく捨てられるようになるの
仕事の合間に夜会へ。先月に続いて2回目。言葉のひとつひとつが身に沁みます。 時は 全てを連れてゆくものらしい なのに どうして 寂しさを置き忘れてゆくの いくつになれば 人懐かしさを うまく捨てられるようになるの
古都観た。
とんでもない監督現れたねぇ!
ありきたりな言い方で失礼かもだけど、美しく綺麗で素晴らしい作品だった。
21世紀の二つの古都が交錯するのだが、それらと名作の一連の流れを現代に変えてでも伝統と精神が表現できるという辺りが流石ノーベル賞の対象作にもなった名作たる所以だろう。
で、この監督は大好きなアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の作品に参加していたというだけあって、時間軸の流れの構成が絶妙に巧い!と思った。
昔の百恵ちゃん版(市川崑版)を観た人でも観てない人でもマジで❗️この作品は観るコトをオススメ‼️
ところで、華やかに見えても実際の台所事情は火の車だったり、地元で負け知らずなのに1000万人相手には負け続けたり、本物に囲まれすぎて見失ってしまったり、現実を思い知るコトが人にはある。
そんな時は何かしら思い切って飛び出してみて、自分のチッポケさを知って外から内を見てみれば、自ずと何かしら開けるかもね。そして、めぐり合う。
#古都 #theoldcapital #koto
#川端康成 #yasunarikawabata
#不朽の名作 #日本の伝統 #日本の精神
#yukisaito
#松雪泰子 #yasukomatsuyuki
#橋本愛 #aihashimoto
#成海璃子 #rikonarumi
#京都 #kyoto
#糸 #ito #threads
#中島みゆき #miyukinakajima
#新山詩織 #shioriniiyama
#映画 #movie #film
#ビバムビ
古都観た。 とんでもない監督現れたねぇ! ありきたりな言い方で失礼かもだけど、美しく綺麗で素晴らしい作品だった。 21世紀の二つの古都が交錯するのだが、それらと名作の一連の流れを現代に変えてでも伝統と精神が表現できるという辺りが流石ノーベル賞の対象作にもなった名作たる所以だろう。 で、この監督は大好きなアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の作品に参加していたというだけあって、時間軸の流れの構成が絶妙に巧い!と思った。 昔の百恵ちゃん版(市川崑版)を観た人でも観てない人でもマジで❗️この作品は観るコトをオススメ‼️ ところで、華やかに見えても実際の台所事情は火の車だったり、地元で負け知らずなのに1000万人相手には負け続けたり、本物に囲まれすぎて見失ってしまったり、現実を思い知るコトが人にはある。 そんな時は何かしら思い切って飛び出してみて、自分のチッポケさを知って外から内を見てみれば、自ずと何かしら開けるかもね。そして、めぐり合う。 #古都  #theoldcapital  #koto  #川端康成  #yasunarikawabata  #不朽の名作  #日本の伝統  #日本の精神  #yukisaito  #松雪泰子  #yasukomatsuyuki  #橋本愛  #aihashimoto  #成海璃子  #rikonarumi  #京都  #kyoto  #糸  #ito  #threads  #中島みゆき  #miyukinakajima  #新山詩織  #shioriniiyama  #映画  #movie  #film  #ビバムビ 
*夜会*

今夜は…
赤坂で
大人な時間

#miyukinakajima #yakai #live #music #akasaka #中島みゆき #夜会 #橋の下のアルカディア
今夜はみゆきさんの夜会✨
「橋の下のアルカディア」の再演を観てきます😁
今年2回目です✨
先日の公演よりかなり観やすい席なので楽しみです🎶(^_-)-☆
.
#夜会 #yakai #中島みゆき #miyukinakajima #橋の下のアルカディア #赤坂actシアター #ニューバランス #ニューバランス1400 #1400ネイビー #newbalance1400 #パラジャンパース #parajampars#ナパピリ #napapijri
先月発売された、中島みゆきさん「一会」Concert 2015〜2016のDVD & Blu-ray、同じくライブ盤CD「一会」LIVE SELECTIONに全面参加🎸

ベスト盤21世紀 BEST SELECTION「前途」のM.8「Why & No」にも参加させて頂いております🎸

どうぞ宜しくお願い致します🎸⚡️ #中島みゆき 
#miyukinakajima 
#中島みゆきコンサート 
#一会 
#夜会 
#福原将宜
サカの下のアルカディア2016.12.2
夜会に行きました。
中島みゆきさん、中村中さんの迫力の歌声に演技に心震えました。
#miyukinakajima #atarunakamura #夜会 #中島みゆき #中村中 #赤坂 #ACT
このアルバムはベストなので要らないかなと思ったけど評価が高いので流されちゃいましたっ^ - ^
ちーん!
NHK朝ドラ『マッサン』を見てたせいもあって『麦の唄』すきです。

#中島みゆき
#21世紀ベストセレクション
#前途

#工藤静香#shizukakudo#kudoshizuka
#nakajimamiyuki#miyukinakajima
今夜は予告通り中島みゆきさんの夜会✨「橋の下のアルカディア」の再演を観て来ました(*^ω^*) これから観られる方もたくさんいらっしゃると思うので詳しくは言えませんが再考に再考をかさねリニューアルされた舞台は迫力が増していました!
キャストの皆さんの調子は疲れも有り今ひとつの感はありましたが全体にはとても素晴らしかったです✨

12月に入ってからもう一度観に行くので更に熟された舞台が観れると楽しみにしています。

いろいろ書きましたがやはりラストは涙が溢れ感動したしましたよ😂

パンフは刷新されていますので買いですよ(^-^)v
.
#夜会 #yakai #中島みゆき #miyukinakajima #橋の下のアルカディア #赤坂actシアター
今夜は予告通り中島みゆきさんの夜会✨「橋の下のアルカディア」の再演を観て来ました(*^ω^*) これから観られる方もたくさんいらっしゃると思うので詳しくは言えませんが再考に再考をかさねリニューアルされた舞台は迫力が増していました! キャストの皆さんの調子は疲れも有り今ひとつの感はありましたが全体にはとても素晴らしかったです✨ 12月に入ってからもう一度観に行くので更に熟された舞台が観れると楽しみにしています。 いろいろ書きましたがやはりラストは涙が溢れ感動したしましたよ😂 パンフは刷新されていますので買いですよ(^-^)v . #夜会  #yakai  #中島みゆき  #miyukinakajima  #橋の下のアルカディア  #赤坂actシアター 
中島みゆき「一会」女神の心の歌に、やはり感動😭
明日の「夜会」がやはりとても楽しみになりました✨
.
 #夜会 #中島みゆき #miyukinakajima #橋の下のアルカディア #一会 #東京国際フォーラム #ブルーレイ #blury
明日はみゆきさんの夜会✨
「橋の下のアルカディア」の再演を観てきます✧*。(ˊᗜˋ*)✧*。 .
一昨年の公演からどのような進化を遂げてるか期待大です(^-^)v
.
#夜会 #yakai #中島みゆき #miyukinakajima #橋の下のアルカディア #赤坂actシアター #ブルーレイ #blury
Woody Hermanを聴き終わったら自動的に中島みゆきの地上の星が流れてくる。
何たる朝。
#jazz #woodyherman #music #cd #miyukinakajima #clarinet #中島みゆき #ジャズ
さんぽ。
さんぽ。