an online Instagram web viewer
  • urizunyasuyasu
    下地康子
    @urizunyasuyasu

Images by urizunyasuyasu

・
その後もう1つ拝見したい富井貴志さんの個展、夏にお世話になりましたSMLさんへも。
作品はもちろんの事なのですが、先日の「風50+」の冊子に寄せている文章にもとても惹き込まれてしまっています。
物理学を学ばれていたならではの、同じものが一つと無い彫り模様の作品も魅力的、ですが今回はこれが目的でした。残念ながら一つだけでしたが、コレクションを少しづつ増やしていきたいな。。
写真は難しいですね。小さなものでも隙のない美しさ、このファルムをお伝えできないのが残念です。
作品は残っているかな、富井さんの個展は中目黒のSMLさんにて、今日までです。
・
・
#富井貴志 #中目黒sml
・ その後もう1つ拝見したい富井貴志さんの個展、夏にお世話になりましたSMLさんへも。 作品はもちろんの事なのですが、先日の「風50+」の冊子に寄せている文章にもとても惹き込まれてしまっています。 物理学を学ばれていたならではの、同じものが一つと無い彫り模様の作品も魅力的、ですが今回はこれが目的でした。残念ながら一つだけでしたが、コレクションを少しづつ増やしていきたいな。。 写真は難しいですね。小さなものでも隙のない美しさ、このファルムをお伝えできないのが残念です。 作品は残っているかな、富井さんの個展は中目黒のSMLさんにて、今日までです。 ・ ・ #富井貴志  #中目黒sml 
おはようございます。
どうしても拝見したい展示会があり、先日都内へささっと行って来ました。
青山八木さんで会期中の「冨田潤 帯展」。いつも拝見させていただくだけで八木さんには大変失礼しているのですが、御本人にもお目にかかれ素敵な時間を過ごさせていただきました。
国内外で染織家として活躍されている冨田潤さんを知る事となったのは、かれこれ30年程前、当時20歳そこそこの学生時代に手にした「太陽(表紙は冨田さん)」でした。今やっと美しいと感じ見方がかわりましたが、それまでは沖縄の伝統的な絣しか知らず、がんじがらめカチコチだと嫌気がさしていた頃で、こんなにも自由で洗練されモダンで美しい絣があるのかと、ピリッと電流が走るような衝撃を受けたのでした。それ以来、憧れの染織家のお一人なのです。
冨田さんの絣は帯の中でも、選び抜かれた素材のテクスチャー、深い色、絣のデザイン…八木さんがおっしゃるよう、和でも洋でも無く独自の世界観があり、あの頃衝撃を受けたように、やはり今も変わらずに輝き、溜息が出る美しさでした。冨田さんの個展は、青山八木さんにて今日18日(土)まで。
・
冨田さんといろいろとお話をさせていただいて、身に余るようなお言葉をいただきました。もうすぐ新しい事をスタートさせるのですが、この事を糧に自信を持って取り組む事ができそうです。
・
・
#冨田潤 #青山八木 #染織 #工芸
おはようございます。 どうしても拝見したい展示会があり、先日都内へささっと行って来ました。 青山八木さんで会期中の「冨田潤 帯展」。いつも拝見させていただくだけで八木さんには大変失礼しているのですが、御本人にもお目にかかれ素敵な時間を過ごさせていただきました。 国内外で染織家として活躍されている冨田潤さんを知る事となったのは、かれこれ30年程前、当時20歳そこそこの学生時代に手にした「太陽(表紙は冨田さん)」でした。今やっと美しいと感じ見方がかわりましたが、それまでは沖縄の伝統的な絣しか知らず、がんじがらめカチコチだと嫌気がさしていた頃で、こんなにも自由で洗練されモダンで美しい絣があるのかと、ピリッと電流が走るような衝撃を受けたのでした。それ以来、憧れの染織家のお一人なのです。 冨田さんの絣は帯の中でも、選び抜かれた素材のテクスチャー、深い色、絣のデザイン…八木さんがおっしゃるよう、和でも洋でも無く独自の世界観があり、あの頃衝撃を受けたように、やはり今も変わらずに輝き、溜息が出る美しさでした。冨田さんの個展は、青山八木さんにて今日18日(土)まで。 ・ 冨田さんといろいろとお話をさせていただいて、身に余るようなお言葉をいただきました。もうすぐ新しい事をスタートさせるのですが、この事を糧に自信を持って取り組む事ができそうです。 ・ ・ #冨田潤  #青山八木  #染織  #工芸 
・
機の上も秋の彩り
・
・
#染織 #手織り #handweaving
秋の彩り
・
・
#秋 #紅葉 #桜の葉
秋麗
さわさわ、さわさわ
葉ずれの音が心地良く
気持ちも足取りも軽く
眼にも心にも福々な風が吹く
・
・
#プラタナス #秋
秋麗 さわさわ、さわさわ 葉ずれの音が心地良く 気持ちも足取りも軽く 眼にも心にも福々な風が吹く ・ ・ #プラタナス  #秋 
・
シルク×細番手のウールのネックウェアが仕上がりました。
・
・
#染織 #手織り #handwoven
・
木工家の高橋敦さんからいただいたキハダ樹皮の試染。
黄色はアルミ系、真ん中は銅、そして鉄媒染。思えば、いつもキハダはアルミ媒染だけで染めていたような。自然の営みの中に秘めている色に心躍ります。
・
・
#キハダ #天然染料 #植物染料 
#naturaldye
・ 木工家の高橋敦さんからいただいたキハダ樹皮の試染。 黄色はアルミ系、真ん中は銅、そして鉄媒染。思えば、いつもキハダはアルミ媒染だけで染めていたような。自然の営みの中に秘めている色に心躍ります。 ・ ・ #キハダ  #天然染料  #植物染料  #naturaldye 
おはようございます。
数日かけてゆっくりと、キハダで染めています。眩しい色に染まりそう、楽しみです。 ・
・
#キハダ #天然染料 #植物染料 
#naturaldye
・
昨日搬出前には、木工家の谷進一郎先生の展示会「2017 木の家具展」へも伺う事ができました。
毎年同じギャラリーで30年余り長く続けてらっしゃるとの事、リスペクトと素晴らしい手仕事と、奥様の恭子さんの細やかな心配りのお仕事、沢山の勇気とご教示をいただきました。谷先生の展示会は13日までです。
2017 木の家具展
田中八重洲画廊
東京都中央区八重洲1-5-15
AM11:00〜PM7:00
(最終日PM2:00まで)
東京駅八重洲北口より徒歩3分
地下鉄日本橋駅B1、B3出口より徒歩3分
・
奥様の恭子さんのInstagramの写真がいつも素敵で、少しでも取り入れてみたく、先生の一輪挿しに家の植物を挿してみました。まだまだ、ですね…
@tani.kyoko ・
・
#谷進一郎 #田中八重洲画廊 #スタジオkuku 
#木の家具展 #木の家具 #木 #木工
・ 昨日搬出前には、木工家の谷進一郎先生の展示会「2017 木の家具展」へも伺う事ができました。 毎年同じギャラリーで30年余り長く続けてらっしゃるとの事、リスペクトと素晴らしい手仕事と、奥様の恭子さんの細やかな心配りのお仕事、沢山の勇気とご教示をいただきました。谷先生の展示会は13日までです。 2017 木の家具展 田中八重洲画廊 東京都中央区八重洲1-5-15 AM11:00〜PM7:00 (最終日PM2:00まで) 東京駅八重洲北口より徒歩3分 地下鉄日本橋駅B1、B3出口より徒歩3分 ・ 奥様の恭子さんのInstagramの写真がいつも素敵で、少しでも取り入れてみたく、先生の一輪挿しに家の植物を挿してみました。まだまだ、ですね… @tani.kyoko ・ ・ #谷進一郎  #田中八重洲画廊  #スタジオkuku  #木の家具展  #木の家具  #木  #木工 
おはようございます。
1日より始まりました、東京都美術館での国展受賞作家展、国展秋季展は昨日8日に無事終了いたしました。心より感謝申し上げます、ありがとうございました。いろいろと反省も課題もありますが、また来年春の本展に向けて大いに悩み頑張りたいと思います。引続きどうぞよろしくお願い申し上げます。
・
在廊中に嬉しい事が♪大木夏子さんが私の織ったマフラーをオシャレに巻いてくださってて、国展工芸部のお仕事中の後ろ姿を思わず撮らせてもらっちゃいました。
染色家の大木夏子さんは、ただいま陶芸家の栗田荘平さんと「craftわ」さんにて12日(日)まで2人展会期中です。
昨日搬出後に寄らせていただきましたが、お二人の作品の息がぴったりの素敵な会でした!
・
・
#国展 #受賞作家展 #秋季展 #工芸 #国展工芸部
#東京都美術館 #大木夏子 #栗田荘平 
#craftspaceわ
おはようございます。 1日より始まりました、東京都美術館での国展受賞作家展、国展秋季展は昨日8日に無事終了いたしました。心より感謝申し上げます、ありがとうございました。いろいろと反省も課題もありますが、また来年春の本展に向けて大いに悩み頑張りたいと思います。引続きどうぞよろしくお願い申し上げます。 ・ 在廊中に嬉しい事が♪大木夏子さんが私の織ったマフラーをオシャレに巻いてくださってて、国展工芸部のお仕事中の後ろ姿を思わず撮らせてもらっちゃいました。 染色家の大木夏子さんは、ただいま陶芸家の栗田荘平さんと「craftわ」さんにて12日(日)まで2人展会期中です。 昨日搬出後に寄らせていただきましたが、お二人の作品の息がぴったりの素敵な会でした! ・ ・ #国展  #受賞作家展  #秋季展  #工芸  #国展工芸部  #東京都美術館  #大木夏子  #栗田荘平  #craftspaceわ 
・
ポストに届いた封筒を開くと、香良いローズマリーと月桂樹が添えられていました。
このようなさり気ない心配りができるようになりたい、と思いながら今日のおやつ、戴いたまんまるの玉寒天に添えて。
鳥が運び、いつの間にやら芽吹き大きくなったピラカンサスの赤い実、アシナガバチが巣を作っていたなんて夏には気づかなかった。
立冬、暦の上では今日より冬。
香良い葉、ドライにして、次は温かいスープを作るときに使おう。
・
敷いた布は、天然染料で染めた色が随分褪めてしまった、15年程前に織った風通織の木綿の私用ストール。
・
・
#おやつ #大野七実 
#手織り #染織 #handwoven
・ ポストに届いた封筒を開くと、香良いローズマリーと月桂樹が添えられていました。 このようなさり気ない心配りができるようになりたい、と思いながら今日のおやつ、戴いたまんまるの玉寒天に添えて。 鳥が運び、いつの間にやら芽吹き大きくなったピラカンサスの赤い実、アシナガバチが巣を作っていたなんて夏には気づかなかった。 立冬、暦の上では今日より冬。 香良い葉、ドライにして、次は温かいスープを作るときに使おう。 ・ 敷いた布は、天然染料で染めた色が随分褪めてしまった、15年程前に織った風通織の木綿の私用ストール。 ・ ・ #おやつ  #大野七実  #手織り  #染織  #handwoven 
経糸を整える。
・
・ 
#整経
経糸を整える。 ・ ・ #整経 
おはようございます。
ヒナタノオトさんでの個展最終日の大雨の中、沖縄より宮城奈々さんが来てくれました。1枚選んでオシャレに巻いてくださったので写真を♪
奈々さんとは同大学で私が1期、彼女は3期生で、現在沖縄染織の約10年スパンでの復元プロジェクトの大きなお仕事をされており、今回も美術館に収蔵されている古い織物の調査出張のついでに寄ってくれたのでした。沖縄ではかの戦争で多くを失ってしまい、このような研究はとても貴重、作り手の1人としても待ち望んでいる事なのです。復元、染織の話は尽きることなく楽しい楽しい時間でした。作り手としても研究者としても才能豊かな奈々さん、今後の活躍が益々楽しみです。来年は沖縄県立博物館・美術館にて研究中間報告会もあるとの事、タイミングが合えば拝聴したく帰りたいと思ってます。
・
・
おはようございます。 ヒナタノオトさんでの個展最終日の大雨の中、沖縄より宮城奈々さんが来てくれました。1枚選んでオシャレに巻いてくださったので写真を♪ 奈々さんとは同大学で私が1期、彼女は3期生で、現在沖縄染織の約10年スパンでの復元プロジェクトの大きなお仕事をされており、今回も美術館に収蔵されている古い織物の調査出張のついでに寄ってくれたのでした。沖縄ではかの戦争で多くを失ってしまい、このような研究はとても貴重、作り手の1人としても待ち望んでいる事なのです。復元、染織の話は尽きることなく楽しい楽しい時間でした。作り手としても研究者としても才能豊かな奈々さん、今後の活躍が益々楽しみです。来年は沖縄県立博物館・美術館にて研究中間報告会もあるとの事、タイミングが合えば拝聴したく帰りたいと思ってます。 ・ ・
東京国立博物館
今日は前半在廊させていただき、次の方へバトンタッチ。前々から楽しみにしていた運慶展へ。が、日を改めるべきだったかな⁈激混み40分待ちだそう…中へ入ってもちゃんと観れるかしら、とほほ。
・
・
東京国立博物館 今日は前半在廊させていただき、次の方へバトンタッチ。前々から楽しみにしていた運慶展へ。が、日を改めるべきだったかな⁈激混み40分待ちだそう…中へ入ってもちゃんと観れるかしら、とほほ。 ・ ・
クサティムイII・(イノー)
祖霊神とは、村の鎮守の神であり、村人からすれば腰当神である。それが鎮座している御嶽のことをクサティムイ(腰当森)という。クサティ(腰当)とは、幼児が親の膝に座っている状態と同じく、村人が祖霊神に抱かれ、その膝に坐って腰を当て、なんの不安もなく安心しきってよりかかっている状態の事。ムイは森の事。クサティムイを背にし村が成り立ち、その前には恵み豊かなイノー(リーフ)広がる海がある。美しい故郷の原風景。
・
受賞作家展へ出品させていただいた作品です。春は御嶽のある森をイメージした作品でしたが、今回の作品はその前に広がる豊かな珊瑚広がる海(沖縄ではイノーと言います)をイメージしました。
・
自分ではよく分かりませんが、作風の中で色の事を褒めていただく事が多く、でもそれは才能ではなく、生まれ育った環境、美しい海や空、森や風、眩しく明るい光、香り…それが心に焼き付いており、それをただ糸に染めているだけの事です。戦後70年近く、戦争で焼きつくされた自然がやっと元の姿に戻ろうとしているところ、木々が生い茂る森やサンゴの森を壊し、高江のヘリポート建築や辺野古の基地工事が始まっています。それは自分をも壊されているようで張り裂けそうな気持ちになります。観光地だけが脚光を浴びる沖縄ですが、蓋を閉めて見たくない部分もある事も…知ってほしい。そして、安心して寄り添って生活できる美しい自然を壊さないで、とも。 少しでも、そんな想いにも寄り添っていただけましたら、幸いです。(春の作品「クサティムイ」より)
・
・
#染織 #手織り #handwoven #テキスタイル #国画会 #国展 #国展受賞作家展 
#東京都美術館 #工芸 #textile 
#長文失礼いたしました
クサティムイII・(イノー) 祖霊神とは、村の鎮守の神であり、村人からすれば腰当神である。それが鎮座している御嶽のことをクサティムイ(腰当森)という。クサティ(腰当)とは、幼児が親の膝に座っている状態と同じく、村人が祖霊神に抱かれ、その膝に坐って腰を当て、なんの不安もなく安心しきってよりかかっている状態の事。ムイは森の事。クサティムイを背にし村が成り立ち、その前には恵み豊かなイノー(リーフ)広がる海がある。美しい故郷の原風景。 ・ 受賞作家展へ出品させていただいた作品です。春は御嶽のある森をイメージした作品でしたが、今回の作品はその前に広がる豊かな珊瑚広がる海(沖縄ではイノーと言います)をイメージしました。 ・ 自分ではよく分かりませんが、作風の中で色の事を褒めていただく事が多く、でもそれは才能ではなく、生まれ育った環境、美しい海や空、森や風、眩しく明るい光、香り…それが心に焼き付いており、それをただ糸に染めているだけの事です。戦後70年近く、戦争で焼きつくされた自然がやっと元の姿に戻ろうとしているところ、木々が生い茂る森やサンゴの森を壊し、高江のヘリポート建築や辺野古の基地工事が始まっています。それは自分をも壊されているようで張り裂けそうな気持ちになります。観光地だけが脚光を浴びる沖縄ですが、蓋を閉めて見たくない部分もある事も…知ってほしい。そして、安心して寄り添って生活できる美しい自然を壊さないで、とも。 少しでも、そんな想いにも寄り添っていただけましたら、幸いです。(春の作品「クサティムイ」より) ・ ・ #染織  #手織り  #handwoven  #テキスタイル  #国画会  #国展  #国展受賞作家展  #東京都美術館  #工芸  #textile  #長文失礼いたしました 
束の間の解放感
今晩のメインは豚汁。
・
・
#晩御飯
束の間の解放感 今晩のメインは豚汁。 ・ ・ #晩御飯 
今日から始まります!
上野の東京都美術館にて、第91回国展受賞作家展・国展秋季展がスタート致します。
今回準会員となりましたので、受賞作家展の方で新作を展示させていただいております。上野にお越しの際にはぜひお運びくださいませ。どうぞよろしくお願いいたします。
・
・
#国画会 #国画会工芸部 #国展 
#東京都美術館 #工芸
今日から始まります! 上野の東京都美術館にて、第91回国展受賞作家展・国展秋季展がスタート致します。 今回準会員となりましたので、受賞作家展の方で新作を展示させていただいております。上野にお越しの際にはぜひお運びくださいませ。どうぞよろしくお願いいたします。 ・ ・ #国画会  #国画会工芸部  #国展  #東京都美術館  #工芸